発言から始まった日本での慰安婦被害者否認は韓国の標的として続いた

明日の北東アジア歴史財団学術会議…「日本では『解決済みの問題』と見られている」

日本軍が慰安婦を犠牲にしたことを否定する試みが続いている一方で、この主張は広がり続けており、「虚偽の話」を生み出していると指摘されています.

4日、学界によると、北東アジア歴史財団のパク・ジョンエ研究員が、5日に開かれた日本軍戦没者追悼シンポジウムで、日本軍の犠牲者を否定する勢力がどのように形成されたのかを明らかにする予定だ。慰安婦記念日(毎年8月14日)。

事前に配布された発表要旨の中で、朴研究員は「韓国人被害者は、1990年頃から慰安婦被害者を拒否してきた日本軍による攻撃の標的になっている」と説明した。

「韓国人被害者の否定は、そもそも文脈のない『発言』から始まったが、1990年代後半に秦郁彦氏の著書『慰安婦と戦場の城』が出版された後、その設定は終わった」と語った。 1990年代、「河野言論検証」と「朝日記事検証」によって確証バイアスが定着。

秦郁彦氏の本は以前、ハーバード大学ロースクールのマーク・ラムジア教授の論文の参考文献と見なされていたが、この論文は日本軍慰安婦の犠牲者を「売春婦」と定義した国際的な怒りを引き起こした.

朴研究員は「慰安婦否定論者(慰安婦)は、請負業者の不道徳な行為や被害者の『自発性』を強調することで、過去の国家暴力に対する日本政府の責任を回避している」と述べた. やった」と語った。

岩手大学教育学部の古橋彩准教授は、慰安婦問題に対する日本の見方に焦点を当てた。

発表資料で安倍晋三政権について言及し、「保守メディアを中心に慰安婦問題を鎮圧する動きがあり、政府は日本軍が命令して介入したデータを無視して歩調を合わせた」と述べた。トイレブロックの設置と運営はそうでした」と彼は説明した。

特に、彼は「2015年の『日韓慰安婦問題交渉合意』以降、日本は常に韓国にその内容を尊重するよう要求してきたが、現在(日本)は、韓国に対して強硬姿勢を貫いている」と述べた。無責任と言っても過言ではありません。

この会議はまた、「慰安婦否定論」の体系的な普及にも光を当てます。

成公会大学東アジア研究所のカン・ソンヒョン教授は、物議を醸すものと比較して偽物を本物に変換する「相互参照」方法と「ラムシエを救う」ことの現実に関する彼の研究を発表する予定です。ラムシエのテーゼ」。

ソンコンフェ大学校東アジア研究所助教のユン・ソクジュン氏は、ヨーロッパの主要国で活動している日本の極右民間財団が歴史否定の問題にどのように対応しているか、そしてそれらが学界にどのように影響しているかについて議論します。

/ユンハプニュース

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。