男子バレーボールAVCカップの日韓戦、あと32勝…逆転危機の騎士復活

韓国が勝利前の3セット24-21で逆転…5連戦の血戦に勝利
オーストラリアに12勝で準決勝進出

イム・ドホン監督率いる男子バレーボールチーム(世界ランキング33位)が、2022年アジアバレーボールコンフェデレーションカップ(AVC)グループE予選で9位の日本を破り、再スタートを切った。

9日、タイのナコンパトム市で行われたグループEグループE1回戦で、韓国が日本を3-2(25-18 27-25 26-28 21-25 15-13)で破った。

韓国は第3セット24-21で4失点を許し、2-0のスコアラインで完封して勝利を失ったが、なんとか日本を破り、最終セットに試合をリードした。

A組でタイに捕まり、敗戦でE組に入った韓国は1勝1敗。

同じグループに所属する日本、オーストラリア(40位)、タイ(52位)はいずれも1勝1敗で、12日、グループステージ最終戦で準決勝チームが分かれた。 .

12日午後8時、韓国がオーストラリア戦に勝利すれば、グループ2位に与えられる準決勝への切符が与えられる。

日本はこの大会に2部リーグのチームを送りましたが、彼らはオーストラリアを破って手ごわいスキルを示しました。

一方、韓国は劣等視されていたタイの足跡をたどったため、雰囲気は芳しくなかった。

しかし、韓国は第1セットを快く奪い、雰囲気を盛り上げた。

接戦を繰り広げていた韓国は、ホ・スボン(現代キャピタル)のカウンター攻撃とチェ・ミンホ(現代キャピタル)のブロックで15-14と差を広げ始めた。

17-15で4連続ゴールを決め、士気を高めた。

ナ・ギョンボク(ウリカード)のオープン攻撃で日本のネットがボムシルに触れ、チェ・ミンホのブロックが続くと、レンジから逃げた。

韓国は第1セットでわずか3回の誤リードを記録するほどの集中力を見せた。

第2セットは激しかった。

かつて4ポイントリードしていた韓国は、セットの途中で集中力を失い、チェイスを許した。

ホ・スボンは20-17でサービスオフェンス、20-18でオフェンスをした。

韓国は 24 対 23 の引き分けで、ナ・ギョンボクのアンダーボムシルに得点を与えた。

チームは道に迷っていません。

25-25 で Seong-Jin Lim (Korea Electric Power Corporation) がスローインの試みを決め、26-25 で反対の攻撃がフィールドから出て、第 2 セットを獲得しました。

韓国は第3セットの中盤まで勢いを保った。

Seong-Jin Lim は、すべてのゲームで攻撃をリードしました。

彼は12-9で強い斜め攻撃で得点し、14-10でソロブロックで敵をブロックしながら轟音を立てた.

イム・ソンジンは16-12でしっかりとしたサーブで得点に大きく貢献し、攻撃力をもたらした。

韓国は5ポイント差を維持しながら簡単に勝ったように見えた。

しかし、24-21 で急激に変化し始めました。

彼らは両方のラリーで失点し、ポイントを追い詰められ、24-23でナ・ギョンボクの攻撃がブロックに阻まれて2になりました。

勢いを失っていた韓国は逆転負けを喫し、26対28で行われた試合を欠場した。

調子を崩した韓国は、第4セットで21対25で敗れ、逆スイープ敗退に追い込まれた。

しかし、韓国は第5セットで再び集中力を発揮して勝利を収めた。

代表はファン・テクウィ(KB保険)の堅実なサーブで先制点を挙げ、1-2でリードした。

その後、13-12で素早い攻撃を防いで攻撃権を譲ったが、ラリー終盤、イム・ソンジンがサイドライン攻撃を決めてバーを先に突破した。

韓国は再びイム・ソンジンのワンポイントアンダーボムシルに追われたが、ナ・ギョンボクが決定的なタッチダウンアタックを決め、ロングゲームを終わらせた。

△2022 Asian Volleyball Confederation (AVC) Cup Group E 1stレグ(11日、タイ・ナコンパトム市)
韓国(1勝1敗) 25 27 26 21 15 – 3
日本(1勝1敗) 18 25 28 25 13 – 2

/ユンハプニュース

Kono Makoto

「ベーコン愛好家。筋金入りのツイッター愛好家。流行に敏感なポップカルチャーの専門家。学生。認定ビールマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。