生きるのがつらい… 牛乳の危機はありますか? [뉴스 쉽게보기]

毎日経済新聞の「ディグ」チームが連載中の「見やすいニュース」は、読みやすいニュースを目指しています。 複雑な問題を整理し、難しい情報を解決し、簡単にお届けします。

▲ ソウルの市場で牛乳を買う市民。[사진 출처 = 연합뉴스]

最近、食品の価格が高騰していますね。 外食したり、スーパーに食料品を買いに行ったりすると、驚く人もいるかもしれません。 しかし今、牛乳の価格は大幅に上昇する可能性があります。 実際、牛乳の原料となる原油価格は上昇しそうだ。 原油価格が上がると、上がるのは牛乳の価格だけではありません。 チーズ、ホイップクリーム、アイスクリーム、パン、コーヒーなど、加工乳から作られた乳製品の価格も上昇しています。

最近、酪農業界と政府は原油価格をめぐって対立している。 酪農家は、自分たちの要求が満たされない場合、牛乳の供給を停止するとさえ言っています。 いったい何が起こったんだ?

牛乳の値段の決め方

酪農家は牛の搾乳によって牛乳を生産します。 生乳を殺菌・殺菌すると牛乳になり、生乳を加工すると乳製品ができます。 ソウル牛乳、毎日乳業、ビングレなどの乳製品加工会社は、生乳を購入し、牛乳や乳製品を製造して消費者に販売しています。

生きるのがつらい… 牛乳の危機はありますか? [뉴스 쉽게보기]

しかし、原油は他の農畜産物に比べて生産量をコントロールすることが難しい。 乳牛は定期的に搾乳しないと健康に問題があると言われています。 そのため、原油は毎日一定量生産しなければなりません。 また、原油は腐敗しやすく、長期保存が難しい。 一方、牛乳の消費量は季節によって変動します。

この機能は、過去に混乱を招きました。 牛乳の消費量が少ない冬に牛乳の価格が下落すると、酪農家は大きな損失を被ります。 また、原油を売っても生産費がかからないという理由で酪農を諦めた人もいます。

より貧しい政府は、酪農産業を保護するために 2013 年に「石油価格連動制度」を導入しました。 目標は、原油の価格を年に一度固定し、一定に保つことです。 そして、市場の需給に関係なく、生産コストの変動に基づいてこの価格を決定することにしました。 原油の価格が生産コストよりも低いため、酪農家がお金を失うことはありません。

国家統計局は、毎年、原油の生産コストに関する統計を公表しています。 これらの統計に基づいて、政府は生産コストが上昇したため、原油の価格を引き上げることを決定しました。 さらに、乳製品加工業者は、毎年固定価格で一定量の原油を購入する必要がありました。

不満を募らせる乳製品加工会社

その後、乳製品会社からの苦情が山積みになり始めました。 原油の価格が生産コストとともに上昇するため、価格の上昇が速すぎます。 結局、政府は2015年からの交渉で乳業と乳業に原油価格の固定を迫ったが、それもあまり影響がなかったため大きな影響はなかった。増減の 10% 未満に調整することが可能です。 生産コストで。 2020年の原油国内価格は1083ウォン。 これは 2001 年から 72% の増加です。同期間に、米国とヨーロッパの原油価格は 10% しか上昇しませんでした。

出典=農林畜産食品部

▲出典=農林畜産食品部

乳製品加工会社は、国内の原油価格が高すぎるため、海外から原油を輸入するようになりました。 流動乳の場合、賞味期限が短い輸入生乳を使用することが難しく、代わりに輸入生乳を使用して乳製品を製造しています。 国内の乳製品のかなりの部分が、輸入された原油から作られています。

特に、最近では液体ミルクの消費量が減少していますが、乳製品の消費量は増加し続けています. 結局、国産原油は残るのですが、国内原油価格が上昇し、乳製品加工会社がどんどん原油を輸入しているという矛盾が生じています。 2001 年、韓国の総原油消費量に占める国内原油の割合は 77% を超え、2020 年には 48% にまで低下しました。

出典=農林畜産食品部

▲出典=農林畜産食品部

政府の新しい解決策

最後に、政府は新しい措置を提案しました。 過去に酪農業界向けに石油価格連動制が導入されましたが、現在、酪農家は過保護になっています。 そのため、政府は原油を用途別に分割し、価格を変えようとしています。 これは「利用ごとの差額制度」とも呼ばれています。

生きるのがつらい… 牛乳の危機はありますか? [뉴스 쉽게보기]

飲用乳の製造に使用される乳を「飲用乳」、乳製品の製造に使用される乳を「加工乳」に分けることが決定されました。 実はどちらも同じ原油ですが、酪農生産者は仕入れる物によって異なる価格を求められます。 政府は輸入品に対抗するため、飲用油の価格を現在の水準(1リットルあたり1,100ウォン)に維持し、加工油の価格を少し下げて(1リットルあたり800ウォン)する計画を提案している.

乳業は悲しい

酪農業界は政府の提案に反応した. 結局のところ、それは特定の原油の価格を下げることを意味します。 酪農業界は、韓国と米国のような他国の原油価格を直接比較するのは無理だと主張している。 アメリカでは広い草原で牛を放し飼いにしているが、韓国ではそうではない。 大規模な牧場を運営するアメリカの酪農会社とは異なり、国内の酪農家は小規模な個人事業であり、それでも牛舎を中心に牛を育てるには、必然的に多くのコストがかかります。

酪農業界は、韓国と同様の産油条件を持つ日本に比べて、原油価格があまり上昇していないと主張している。 過去 20 年間で、日本の石油生産コストは 11% 上昇し、原油価格は 33% 以上上昇しました。 同じ期間、韓国の原油生産コストは約 76% 上昇しましたが、原油価格は 72% しか上昇しませんでした。

出典:農林畜産食品部、韓国統計庁、日本農林水産省

▲ 出典:農林畜産食品部、韓国統計庁、日本の農林水産省

さらに、最近の国際的な穀物価格の高騰により、飼料の価格が急上昇しています。

酪農業界はまた、牛乳価格の上昇は牛乳価格の上昇だけによるものではないと主張しています。 最大の問題は、乳製品加工会社の流通マージンです。 韓国乳牛協会によると、2019 年に国内の原油流通率は 38% に達しました。これは、10 ~ 20% しかない米国や日本に比べて高すぎます。 過去20年間、原油価格は1リットル当たり約400ウォン上昇した。

代わりに、酪農家の負債は過去 2 年間で 40% 近く増加し、状況は非常に悪く、昨年だけで約 200 の牧場が閉鎖されたという。

解決しない紛争

両陣営の対立は続く。 政府は差額価格制度を導入することができるが、酪農業界は差額価格制度の導入に反対し、原油価格を1リットル当たり50ウォン値上げすべきだと主張している。 2020年には原油価格が1リットル当たり21ウォン上昇し、当時の牛乳の販売価格は1リットル当たり約200ウォン上昇した。 原油価格が50ウォン上昇すれば、今年は牛乳の価格が1リットル当たり500ウォン上昇するとの見方も出ている。

原油の価格は、毎年8月1日に確定しなければなりません。 今年は、双方の対立がエスカレートしたため、締め切りが過ぎました。 酪農業界は、政府が段階的価格制度の導入を撤回しない限り、原油価格交渉に参加しないという立場だ。 このままでは原油の供給を止めるとまで言っている。

先月25日、江原道春川(チュンチョン)の江原道庁前の公園で、酪農家が原油を大きなバレルに注ぎ込み、原油価格の値上げを要求した。 [사진 출처 = 연합뉴스]

▲ 先月25日、江原道春川市江原道庁前の公園で、酪農家たちが原油を大きなバレルに注ぎ込み、原油価格の値上げを要求している。 [사진 출처 = 연합뉴스]

酪農・乳業を守るために

段階的価格制の導入をめぐって対立している政府と乳業は、「韓国の乳業と乳業を守るしかない」と主張している。

政府は、韓国の原油価格が高すぎるため、乳製品産業に損失をもたらし、外国への依存度を高めていると述べています。 そして、輸入製品への依存度が高まり続けると、最終的には国内の酪農家の居場所がなくなるという論理です。

酪農業界は、政府は現実を無視し、値下げのみを求めていると主張しています。 また、原油の生産コストは近年急激に上昇しており、価格も下がれば国内の酪農家は生き残れません。 そうなれば、外国の酪農家が原油を高値で売りつけても、国内の酪農は仕方がないと言われています。

双方の対立が長引くと、最終的には「牛乳危機」が起こるのではないかと懸念する人もいます。 政府と酪農業界は、すべての人を満足させる最善の解決策を見つけることができるでしょうか?

[뉴스 쉽게보기]は、毎日経済新聞のニューメディアチーム「dig」による週末連載です。 Digg が作成した無料のニュースレターにサインアップすると、月曜、水曜、金曜の朝に、より多くの素晴らしい記事をメールで受け取ることができます。 「メイル経済ニュースレター」を検索すると、Digg の丁寧に書かれた手紙に出会うことができます。 また、下の 2 つのレポート ページの[チャンネル]リンクをクリックして、購読ページにリンクすることもできます。

[뉴미디어팀 디그(dig) = 박재영 기자 / 임형준 기자]

[ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。