現代自動車のIoniq5は、13年ぶりに日本の新たな挑戦をリードしますが、今回は生き残るのでしょうか。

[비즈니스포스트] 現代自動車は、そのデザインと優れた品質で世界的に認められているIoniq 5電気自動車で、再び日本市場に挑戦しています。

しかし、日本市場の支配的プレーヤーであり、世界一の売り手であるトヨタを含む地元企業は、同じ月に新しい電気自動車を発売するため、激しい競争に直面することが予想されます。

 

▲「IONIQ5」。



21日の日本経済新聞などの日本のメディアによると、現代自動車は、地元メディアの試乗を含め、5月のIONIQ5の発売に向けて徐々に準備を進めています。

日本で発売されるIoniq5のベースモデルは、バッテリー容量58 kWh、航続距離498 km、価格479万円。 最上位モデルのバッテリー容量は72.6kWh、航続距離は618 km、価格は519万円。

まず、日本のメディアはIoniq5に寛大な評価を与えています。

日本の男性誌であるゲーテも、「Ioniq 5の試乗を終えたので、「現代を知らないのは日本だけかもしれない」と不思議に思って書きたいと思います。 「」

現代自動車は2001年に日本市場に参入したが、販売拡大に苦戦し、2009年には乗用車事業から撤退し、商用車事業のみとなった。

しかし、日本の大手自動車メーカーも5月に電気自動車の発売に向けて準備を進めていることから、現代​​は日本の最初の一歩から困難な状況に陥る可能性があると考えられています。

トヨタは5月にbZ4X電動SUV(スポーツユーティリティビークル)を発売し、販売を開始する。 2014年に発売された「rav4」から8年ぶりに発売された電気自動車で、71.4kWhのバッテリーを搭載。

日産も同月に新車「アリア」を発売したが、5月の日本EV市場での新車競争は激化するとの見方も多い。

日本の自動車市場は、トヨタや日産などのナショナルブランドを強く好む傾向を示しました。 また、現代自動車が今回、新車を並べて発売するのは難しいかもしれない。

昨年、国内ブランドのシェアは94.6%に達したことがわかりました。 輸入車のシェアは5%にとどまりました。

同時期、韓国の自動車市場における輸入車の割合は17.4%であり、日本の3倍以上である。

一方、IONIQ 5は、その優れた設計、性能、および比較的低価格により、日本のEV市場での地位を確立できると考える人もいます。

以前、2022年の世界カーアワードで、Ioniq 5は、「世界カーオブザイヤー」、「世界電気自動車オブザイヤー」、「世界カーデザインオブザイヤー」の3つのカテゴリーで賞を受賞しました。

それに加えて、「ジャーマン・カー・オブ・ザ・イヤー」、「ブリティッシュ・カー・オブ・ザ・イヤー」、「オートビルト・ベスト・インポート・カー」、「オート・エクスプレス・セレクテッド・カー・オブ・ザ・イヤー」、2021年IDEAデザインゴールドなどの主要な自動車賞をほぼ一掃しました。アワード’。

そのため、製品の競争力で世界的に認められており、日本でも価格競争力があります。

日本経済新聞によると、日産のアリアは539万円、トヨタのbZ4Xは600万円に設定されている。 Ioniq 5のベースモデル(479万円)やトップモデル(519万円)よりも高価。

日本のビジネスメディアである東洋経済新報社は、次のように述べています。 ジャーナリストのウンパ・チャン

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。