現代自動車と起亜自動車がベトナム、インドネシア、そしてフィリピンと…加速する東南アジア


[더구루=윤진웅 기자] 現代自動車と起亜自動車は、ベトナムとインドネシアに続いてフィリピン市場に参入した。 東南アジア市場は日本車から韓国車へとシフトし、積極的な販売環境を作り出しています。

起亜フィリピンの販売子会社によると、起亜自動車は31日、15日にフィリピン・マニラのオルティガスにショールームをオープンした.マカティに次ぐ2番目に大きなビジネス街であることから、需要確保に有利になると期待されている.

オープン初日から2車種の小型SUV「ストニック」が販売され、地元のお客様が来店されました。 オープンを記念して、来場者に自動車部品を10%オフで提供するサプライズイベントを開催しており、今後も来場者数の増加が見込まれます。 営業時間は午前9時から午後6時までで、会期は来月31日まで。

広いエリアに立地しているため、ブランド認知度が高まるはずです。 販売店の採用など、地元の雇用創出にも寄与することから、ブランディング効果も期待できます。 Ortigas のショールーム マネージャーは次のように述べています。 多くのお客様にKiaのサービスを体験していただきたいと願っております。

Ortigas ショールームは、起亜自動車の 41 番目の現地運営ショールームです。 起亜自動車は、年末までに 50 のローカル ショールームを開設することを目指しています。 場所の選定が確定次第、残りの9つの展示ホールを順次ご紹介いたします。

昨年、現地販売戦略を「直販」に転換した現代自動車も、現地ショールームの開設を計画している。 なお、直営のショールームはなく、現地販売店「HARI」のみで販売を行っている。 フィリピンの現地化戦略を踏まえ、将来的には生産会社を設立する計画も検討されています。

フィリピンを積極的にターゲットにすることで、両社は東南アジア市場での地位を拡大することが期待されています。 すでにベトナムやインドネシア市場で力強い伸びを見せているという意味で、プレゼンスは上昇傾向にあると評価される。 「東南アジア=日本の茶園」という方程式が崩れているとも言われています。

ベトナム自動車製造業者協会 (VAMA) によると、現代自動車と起亜自動車のベトナム合弁会社である現代タンコンとタコギアは、今年上半期 (1 月から 6 月) にそれぞれ 36,397 台と 35,485 台を販売した。 累計販売台数は、前年比29.3%増の71,882台。 これは、トヨタの国内販売台数(43,085台)の1.7倍です。 同期間のベトナムでの市場シェアは 38.8% で、トヨタ (23.2%) を 15.6 ポイント上回りました。

インドネシア市場でも好調です。 インドネシア自動車工業会によると、今年上半期の現代自動車と起亜自動車の合計販売台数は1万2013台で、前年(2990台)の4倍に増加した。 総売上高に占める割合も、昨年の 0.8% から今年は 2.6% へと 1.8 ポイント増加しました。 しかし、トヨタとの販売格差は依然として大きい。 同期間にトヨタは149,461台を販売し、31.4%の市場シェアを記録した)。

同時に、両社はアジア太平洋地域で419,000台の販売目標を設定しています。 これは、現代自動車グループが東南アジア市場を積極的にターゲットにするというコミットメントを反映して、韓国を含む世界9地域の中で最高の成長目標(今年の目標成長率対前年比)です。

Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。