現代モービスは、グローバルな注文を増やすためだけに顧客組織を強化します

[서울=뉴시스] レポーターのParkJeong-gyu= Hyundai Mobisは、今年、世界の自動車メーカーから37億4700万ドル相当の主要部品の注文を獲得するという目標を設定しました。 これは、昨年のパフォーマンスから50%の増加です。 現代モービスは、受注品目を多様化し、新規顧客を確保することで、受注目標を達成する計画です。

14日の同社によれば、現代モービスは今年から地元の顧客と密接に関係する販売と受注活動を強化している。 この目的のために、現代モービスは昨年下半期からグローバル拠点でローカル顧客専用のキーアカウント管理(KAM)組織を運営しています。

組織内では、エグゼクティブレベルの地元の専門家が販売および受注活動を監督しています。 彼らは世界の自動車および部品業界での豊富な経験を持ち、地元の顧客と緊密な人間関係を築いています。 これに基づき、現地のお客様のニーズや対応に可能な限り対応することで、落ち着いた活動を展開できることが期待されます。

現代モービスは最近、地元の組織を強化するために日本の自動車メーカーから地元の専門家を採用しました。 4月、現代モービスは、日本の三菱自動車とマツダから2人の現地専門家を採用しました。 新たに再編された現代モービスの現地拠点の支店長および副社長として、販売および受注活動を担当します。

現代モービスは昨年下半期から、北米、ヨーロッパ、インド、中国の大手自動車メーカーや部品メーカーから地元のエグゼクティブレベルの専門家を採用してきました。 これまでに、ヨーロッパ人3人、北米人3人、中国人と日本人2人、インド人1人の専門家の採用を完了しました。 現代モービスは、これらの経営者レベルの専門家だけでなく、技術サポートスタッフも拡大することで、現地販売をサポートする予定です。

現代モービスは、世界の自動車産業の将来のモビリティセクターへの最近の急速な移行は、世界市場で新しいビジネスチャンスをつかむ機会であると信じています。

現代モービスが自動運転、電動化、コネクティビティなどの将来の自動車セクターのコア技術として集中的に推進している分野での技術競争力を強化し、新規顧客を確保するために現地販売を強化する予定です。

現代モービスは最近、新しい顧客を引き付けるためにフランスで独占的な技術見本市を開催しました。 ヨーロッパの自動車メーカーであるステランティスとルノーの約200人の幹部と実務レベルの幹部およびワークグループが招待され、将来の自動車の新技術を紹介し、専用のカーレーストラックを借りて実際の自動車をデモンストレーションしました。

このテックショーで紹介された新技術には、AR HUD、グリル照明、スイベルディスプレイ、キャブ内センシングなどがあります。 欧州市場でこのような大規模な技術見本市を開催することは、横行する時代の中で世界的な受注活動を後押しすることを目的としています。 また、北米から欧州への海外受注拡大により、新規顧客の確保を目指しています。

グローバルな販売および注文作成活動は、オフラインだけでなく、デジタルプラットフォームを通じても実施されます。 現代モービスは、今年初めからデジタル空間を活用した技術振興センターを運営しています。

ホームページのデジタルテクノロジープロモーションホールに入ると、現代モービスの未来のモビリティコンセプトであるMvisionPOPとMvision2GOを体験できます。

現代モービスのマネージャーは、「将来的にグローバルな顧客との接点を拡大するために、オンラインとオフラインのチャネルに合わせたパーソナライズされたコンテンツを作成することにより、顧客中心のローカルセールス活動を継続的に開発する予定です」と述べました。

◎SympathyMediaNewsis pjk76@newsis.com

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です