済州航空が釜山からの国際線を拡大…東南アジアと日本への接続を拡大










済州航空が釜山からの国際線を拡大...東南アジアと日本への接続を拡大

チェジュ航空は27日から武山とバンコク間の便数を週2回から週4回(水曜日、木曜日、土曜日、日曜日)に増やし、翌月3日から武山間の便数を増やします。グアムも週2回から週4回に増加します。12日には便数(水・木・土・日)を増やすことが発表されました。

また、9月からは、コロナ19以降休業していた成田(火・木・土)・大阪(水・金・日)・福岡(水・金・日)など、武山から日本へのフライトが運航されます。週に3回。 今月の21日から翌月の25日まで、釜山-チェンマイ航路でも週2回(木曜日と日曜日)約1ヶ月間チャーター便が運航されます。

バンコクやグアムなどの釜山からの済州航空の国際線の増加は、休暇シーズンに先立って海外旅行を計画している旅行者のためのスケジュールとオプションの範囲を拡大することが期待されています。 済州航空は、フライトの増加と日本へのルートの再開に伴い、今月の13日から25日まで、バンコク、シンガポール、グアム/サイパン、日本へのルートのチケットプロモーションを実施します。

△釜山-サイパン210,900ウォン△釜山-グアム222,600ウォン△釜山-バンコク261,000ウォン△釜山-シンガポール価格は294,100ウォンから。

9月から運行を再開する日本の路線は、△釜山-釜山173,200ウォン△釜山-大阪188,200ウォン△釜山-成​​田211,100ウォンからの価格になります。

航空券の場合、予約日や為替レートの変動により、運賃の一部が変更になる場合があります。また、予約状況により、早期に終了する場合があります。 購入は済州航空のウェブサイト、モバイルアプリまたはモバイルウェブでのみ行うことができます。

一方、この期間中に往復チケットを購入したお客様には、最大50,000ウォンの追加割引が適用されるプロモーションコードが提供され、プレミアムエコノミーシートサービスである「ビジネスライト」を購入したお客様には割引が適用されます。 100,000ウォンから。コードを与える

solidkjy@fnnews.com、レポーターKoo Ja-yoon








Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です