済州研究所、日本領事館「残念ながら強い政治的圧力」

在済州日本国総領事館が、日本の福島からの汚染水投棄が済州海に影響を与える可能性があるという済州研究所の研究結果を直接否定したとき、済州研究所の研究チームは「政治的圧力.”

済州研究所が特定の機関に声明を出すのは初めて。 済州研究所(キム・サンヒョプ社長)は公式声明で、「在済州日本総領事館がウェブサイトで研究結果を否定したことは、韓国の研究活動に対する政治的圧力とみなすことができる」と述べた。研究所です。」

済州研究所は「『日本が放射性物質で汚染された水を海洋に強制的に放出する前の済州の対策』に関する研究は、放射性物質で汚染された水の問題と移動経路および関連する国際基準を調査し、韓国と韓国への影響の可能性に対処する.済州の漁業。」 「私は計画を提案したかった」と彼は説明した。

彼は、「済州研究所は、今後も福島からの汚染水の排出に関する客観的かつ科学的な研究を継続して行う」と付け加えた。

済州研究所の関係者は「特定の機関に対する声明が出されたのは初めて。 ドアを開けた」と語った。


■在済州日本国総領事館「済州研究所、住民の不安を煽る」

昨年4月、済州島研究所は、日本の福島原発からの汚染水流出に対する韓国レベルの対応計画を求める報告書を発表した。 報告書には、済州島を含む全国の海洋生態系と漁業への被害に対する懸念と、段階的な対応計画の必要性が含まれています。

しかし、済州研究所が報告書を発表した際、在済州総領事館はウェブサイトで「事実を考慮せず、済州島民の不安を煽るだけの不適切な内容を記載している」と反論する声明を発表した。 . 」とKBS取材後に確認した。

在済州日本国総領事館入国申告書在済州日本国総領事館入国申告書

日本総領事館は、X氏が済州研究所の発表を、O氏が主張を表明し、「実際の排水による人体への影響はない」と強調した。

総領事館は記者団に対し、済州島総領事館ではなく、日本の外務省を通じて入国申告を行い、立場に変化はないと伝えた。。

済州市ギャップ地区のソン・ジェホ議員は、「総領事館が汚染水の排出を問題がなかったかのように表現し、むしろ済州研究所が行ったという表現を使用することは非常に不適切であり、外交的に前例のないことである」と述べた。済州島民の不安を増幅させた」と批判した。

原発による汚染水被害を心配する地元住民の気持ちを無視していたという。

エネルギー正義行動政策委員会のイ・フンソク委員も、「済州島の人々は、日本に近いので、このような疑問と不安を抱かざるを得ない。

済州島では、来年初めに予定されている福島原子力発電所からの汚染水の放出をめぐって、漁師、市民社会、政治家による抗議が続いています。

ドイツのヘルムホルツ海洋研究所の分析によると、汚染水は7カ月で済州島沖に到達し、中国の清華大学は400日で汚染水が海域に広がると予測している。 彼は、済州島と政府に対策を準備するよう促した.

済州道党の民主党も最近声明を発表し、近隣諸国の同意なしに汚染水を排出するという一方的な計画を直ちに停止するよう政府に要請し、政府に関連省庁の安定性を再検討するなどの責任ある措置を講じるよう求めた。国際社会に協力を求めています。


■レポート
▷ カカオトーク:「KBSレポート」で検索
▷ 電話:02-781-1234
▷メール:kbs1234@kbs.co.kr
▷ニュースサイト:https://goo.gl/4bWbkG

Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。