沖縄で50年…自衛隊の再軍備から米軍前哨基地まで

◀ アンカー ▶

沖縄は九州から約700キロ離れた日本の最南端の島です。

敗戦後、米軍の統治下にあり、日本に返還されてから50年。

沖縄は再軍備の前衛基地になりつつあると言われている。

ヒョン・ヨンジュン特派員が直接訪問した。

◀ レポート ▶

沖縄本島の宜野湾市の真ん中にある米空軍普天間基地。

市の総面積の4分の1を占めています。

米軍による 50 年間の騒音と犯罪の後、1995 年に米軍は小学生をレイプしました。

[모리구치 카츠(84세)/전 류큐신문 기자]
「それは 27 年前のことです。少女に対する非常に恐ろしい暴行事件がありました…その時点まで、米国では 318 件の性犯罪がありました (記録されています)。」

沖縄北部の辺野古海岸。

地元住民による暴力的な抗議により、基地は北へ 50 km しか移動しませんでしたが、沖縄の土地から離れることはありませんでした。

「戦争に基地はいらない!」

[1945年、侵略戦争が敗れようとしていたとき、米軍との決戦のために動員された12万人の沖縄人が殺されました。

27年間米軍に占領されていた沖縄は、1972年に日本に返還されました。

[나루히토 일왕(어제, 반환50주년 기념식)]
「多くの尊い命が失われた沖縄で、苦難の道を歩んだ沖縄の人々の物語に思いを馳せます(私の気持ちを代弁します)」。

返還後 50 年間、北東アジアの米軍前哨基地だった沖縄に、また変化が起きている。

最近の中国の軍事力拡大により、沖縄全土に自衛隊の軍事基地が建設されています。

米軍基地も問題だが、自衛隊の基地が増えることへの住民の不安は高まっている。

台湾の対岸にある与那国島には自衛隊の電子戦部隊が配備され、沖縄の島々には自衛隊のミサイル基地が次々と設置されています。

これは中国を太平洋から遠ざけるためだが、台湾を巡って米中が衝突すれば、沖縄が身代わりになるのではないかという懸念が強まっている。

[구시켄 나카마쓰/오키나와 평화단체]
「台湾で緊急事態が発生した場合、[la Chine]米空母、グアム、沖縄が最初の標的になるという。 沖縄に住む私たちにとってはとても怖いことです。」

米軍の前哨基地から日本の再軍備の先駆者へ。

沖縄の平和はさらに脅かされています。

沖縄出身のMBCニュースのヒョン・ヨンジュンです。

動画表紙:イ・ジャンシク、キム・ジンホ(東京)/動画編集:キム・ジョンウン

MBC ニュースは 24 時間あなたのレポートを待っています。

▷ 電話 02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷ カカオトーク@mbcレポート

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。