民間セ​​クターの主導と政府の推進…科学技術省によって大幅に緩和されたR&Dの予兆条件

科学技術情報通信部の活動報告…関係する委員会の数を半分にする

科学技術情報通信部(科学技術情報通信部)は、官民の協力に基づく新しい国家イノベーションシステムを構築し、民間部門が主導し、政府が推進するシステムを設計しています。

さらに、科学技術に関連する政府委員会の半分は、大統領の開会のスピーチに従って組織され、政府委員会を統合し、大部分を廃止します。

15日午後、ソウルの龍山(ヨンサン)の大統領府で尹錫淑(ユ・ソクヨル)大統領と会談し、その内容を盛り込んだ作業報告書を発表した。

◇予備研究開発期間と緩和された調査対象基準
科学技術情報通信部は、民間中心の研究開発システムを確立するために、対象プロジェクトが予備的な研究開発実現可能性調査を受けるための条件を大幅に緩和している。

イエタの調査基準を現在の500億ウォン以上から1000億ウォン以上の大規模プロジェクトに変更することで、目標を引き下げ、イエタ採用後も事業計画を変更することができる。

プロジェクトの総費用が3,000億ウォン未満の場合、予備調査期間も6か月に短縮される。

現在、調査はプロジェクトの総費用に関係なく9〜11か月間実施されています。

さらに、科学技術情報通信部は、企業のCEOとともに官民諮問機関に参加し、民間の専門家がスーパーギャップ戦略技術プロジェクトを直接設計します。

国家戦略技術は9月までに選出される。科学技術情報通信部は、これらの技術を促進することを目的とした省庁間プロジェクトの研究開発予算を割り当て、調整するための統合システムを導入する予定である。

◇独自の技術を確保するための取り組み…「半導体のオールインワン官民システム」
さらに、科学技術情報通信部は、「第2の半導体」のように、10年から20年後に私たちの将来を担うソース技術を確保するために民間投資を呼びかけています。

まず、クォンタム、バイオ、6Gなどの新しいハイテク分野では、官民連携を通じてコア技術と新規技術を開発することにより、主要な特許を早期に確保することに重点を置いています。

すでに強みを持っている半導体、小型原子力発電所、新デジタル産業、サイバーセキュリティなどの分野では、海外展開を支援することで、次世代技術の市場参入をいち早くサポートします。

政府はまた、衛星や打ち上げロケットなどの宇宙技術を企業に移転し、包括的なシステム企業を育成し、政府主導の宇宙経済の時代を促進します。民間部門。

ますます重要性が増している半導体の分野では、「オールインワン官民システム」を活用して、産学研究機関が所有する設備やインフラを連携・共同利用しています。

この種の技術革新のために、短期的には需要に適応した人材を育成し、中長期的には最高の人材を確保するためのプログラムを管理します。

そのために、文部省は大学の半導体契約部門の契約枠制度を設け、マイクロディグリーとデジタル能力の統合コースなどの「ファストラーニングパス」を準備します。

◇許浚はフィールズ賞で海外との人材交流を強化
政府は、さまざまなプロジェクトを結びつけて才能ある人々に成長の機会を提供し、優れた研究者に10年間の長期的な支援を提供する、「韓国牛肉掘り」プロジェクトを支援しています。

さらに、日本フィールズ賞を受賞し、大学ソウル国立公社の客員教授である広中平祐氏の助けを借りて数学の才能を発見したプリンストン大学のホ・ジュンイ教授の事例を参考にして、外国との人的資源の交換。 国。

外国人の学者や才能を韓国に呼び込み、優秀なポスドク研究員に海外の先進機関での研修の機会を提供する予定です。

"民間部門が政府をリードしている"…科学技術省は研究開発の前提条件を大幅に緩和します

◇委員会の数が半分…ヌリ船の成功は、「宇宙部隊」を大統領の所属下に置くだけです。
科学技術情報通信部は、各省に共通の任務である「委員会の再編成」を主導することを決定した。

科学技術分野の28の政府委員会のうち、11が廃止され、3つが改訂されています。

目的は、現在のレベルの半分だけを維持することです。

大統領府は5日、各省庁の委員会数を最大70%、全省庁で30%〜50%削減すると発表した。

これに伴い、現大統領委員会のうち第4次産業革命委員会が廃止され、国家知的財産委員会が首相に交代する。

したがって、国家宇宙委員会は大統領の所属を維持する唯一の科学技術委員会であるべきです。

科学技術情報通信部は、国家宇宙委員会を大統領の権限下に置く理由として、すべての省庁の能力を結集して調整する必要性を挙げた。

科学技術情報通信部の関係者は、「これは、韓国のヌリ(KSLV-II)ロケットによって引き起こされた韓国の宇宙経済のビジョンの実現の象徴です。 「宇宙政策の範囲は、研究開発からセキュリティにまで及びます。 と産業。」

首相・省庁は計25委員会であり、そのうち10委員会は廃止され、原子力推進委員会と情報通信戦略委員会の2つの首相委員会が省庁に格下げされた。

紛争調停などの準司法的な性質の委員会は、郵便保険紛争調停委員会などの他の機関に取って代わられることはできません。

廃止される委員会の中で、国家超高性能コンピューティング委員会と国家核融合委員会は、情報通信戦略委員会内での国家科学技術諮問委員会とインターネットアドレス指定政策審議委員会の統合について議論している。

したがって、憲法第127条第3項に基づいて設立された科学技術諮問評議会の再編は避けられないように思われる。

科学技術省科学技術政策課長のリム・ヨエップ氏は、前日に開催された作業報告書の予備説明会で、「(科学技術協議会技術)は政策の機能が混在している」と述べた。そのままにしておくべきですが、意図的な民間セクター中心の政策の機能は、それがどのように設計されているかによって異なるかもしれません。 「」

さらに、科学技術ベルト国際評議会、業績指標に関する審議委員会、女性科学者および技術者の進歩のための委員会など、純粋に助言または専門的な目的で作成された委員会は統合され、廃止されます。

科学技術情報通信部のオ・テソク第一副大臣は、作業報告の前日の14日の記者会見で、「実際に開かれている委員会の数や、開かれていない部分があるかどうかなどの基準に従って検討している。状況が変わったので、もう必要ありません。」

/yunhapニュース

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。