死刑執行の2日後にリリース…MB「健康が改善した」

◀アンカー▶

健康状態が悪いため執行猶予付きの李明博(イ・ミョンバク)前大統領は、釈放後2日で退院し、帰国した。

李元大統領は、自宅での外来治療ができるほど健康状態が改善したと説明した。

特派員のキム・ジインが報告した。

◀レポート▶

ソウル国立大学病院に入院していた李明博(イ・ミョンバク)前大統領は、本日午後4時ごろ退院し、ソウルのノンヒョンドンにある自宅に戻った。

検察官の死刑執行停止の要請が認められ、釈放が決定されてから2日後、彼はマスコミにさらされることを避けるために帰国した。

李承燁が帰国する前、妻のキム・ユノクは世話人として病院に残り、訪問は限られていた。

李前大統領の弁護士であるカン・フン氏は、「今朝、医師と話し合った結果、外来治療が可能であると判断し、退院命令を受けた。

彼は、入院して1週間以上経つと健康状態が改善したと述べ、医療スタッフは彼がすぐに再び悪化する可能性は低いと判断しました。

具体的な病名や病状を明らかにするかどうかについては、関係者である李前大統領と協議して決定すると述べただけだ。

判決の執行を停止することを決定した医師のメモには、「糖尿病の後遺症のために生物の耐性が極端に低下し、細菌の豊富な外部環境にさらされると生命を脅かす可能性がある」という内容が含まれていることが判明しました”。

まだ懲役14年の李元大統領は、3か月の懲役期間が終了すると、再申請することができる。

最近、尹錫淑(ユン・ソクヨル)大統領は「長らく投獄するのは適切ではなく、李前大統領に特別な恩赦を与える意向を表明した。

MBCニュースのキム・ジインです。

ビデオ編集:クォン・ジウン

MBCニュースは24時間あなたの報告を待っています。

▷Tel02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷カカオトーク@mbcレポート

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。