機能性素材が豊富な「着色大麦」加工食品の数々 – プレスリリース | ブリーフィングルーム | 新着

□ 健康食品への関心の高まりとともに、機能性穀物の需要も高まっています。 特に、健康機能性成分が豊富な有色大麦を求める消費者が増えており、有色大麦加工品の開発・販売も盛んに行われています。

○ 農村振興庁(チョ・ジェホ委員長)は、消費者に優れた食品を提供し、麦産業の活性化を図るため、各食品の製造に適した加工特性を備えた色鮮やかな麦の品種を選定・推薦する.加工食品.

□ 大麦はβ-グルカン※や食物繊維が豊富で、ダイエット、コレステロール低下、糖尿病の予防・改善に効果があります。

※β-グルカン:食物繊維の一種で、血中コレステロールを下げ、糖尿病や心臓病の予防に役立ちます。 農作物の中でも特に大麦が多い

○特に有色大麦は、フリーラジカルを消去する抗酸化物質であるアントシアニンを通常の大麦より多く含み、主要な機能性成分であるβ-グルカン、ポリフェノール、フラボノイドも含んでいます。

○ ただし、大麦の持つベタつきやβ-グルカン成分により粘性が増し、吸水率が高くなり、加工がやや難しくなるため、食品の種類や特性を考慮して品種を選ぶことが重要です。

□ 農村発展庁は、有色大麦の様々な品種の機能と加工特性を分析し、各食品に適した品種を選択し、技術を企業に移転して有色大麦の工業化をリードしています。


○黒麦飲料(「フクヌリ」、「フクスジョンチャル」)は、アントシアニンの含有量が高く、麦のデンプンの溶出が少ないため、香ばしい味がします。 2017年の開発から4年間で累計販売本数2億1000万本を突破し、アメリカ、オーストラリア、日本、ベトナムに輸出しています。

○ 大麦コーヒー(「フクヌリ」、「フクティーヒャン」)は、着色大麦と脱カフェイン豆を特定の比率で配合し、コーヒーの味と大麦の機能性成分はそのままに、カフェインを90%以上カットしました。 そのメリットは、カフェインに敏感な消費者が安心してコーヒーの味を楽しめることです。

○今年初めて済州島(カンホチョン)産の大麦を原料とした青麦ドリンクは、発売から1ヶ月で60万本(約4億ウォン)の販売を記録し、消費者の色付き飲料への関心を確認した。オオムギ。 .

○大麦100%の麦麺(「フクヌリ」、「カンホチョン」)も開発され、発売されようとしている。 「フクヌリ」と「カンホチョン」で作った麺は、他の大麦で作った麺よりも伸びが少なく、まとまり、弾力、コシが優れています。

□ 全羅北道高敞で有色大麦を栽培しているキム・ユジン農家は「収量が多く、機能性に優れた有色大麦「フクヌリ」と「カンホチョン」を栽培している。 健康に良い色大麦が広く認知され、加工食品市場が拡大することを願っています。

○崔俊烈(チェ・ジュンヨル)農村振興庁作物基盤課長は「大麦品種の機能性を生かした有色大麦の各種加工食品を研究し、消費者が満足できるように最善を尽くす」と述べた。

[문의] 国立食品科学研究院作物基盤課チェ・ジュンヨル、イ・ミジャ研究員(063-238-5332)

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。