機能性原料のためのGCグリーンクロスウェルビーイングとの技術移転契約の署名










GCグリーンクロスウェルビーイングCI。  GCグリーンクロスウェルネス提供

GCグリーンクロスウェルビーイングCI。 GCグリーンクロスウェルネス提供

[파이낸셜뉴스]GC Green Cross Wellbeingは、日本市場への参入を加速しています。

GCウェルビーイングは15日、日本の機能性健康食品メーカーであるヘルシーナビと、胃の健康のための機能性成分「グリーンセラ-F」の技術移転契約を締結したと発表した。

GC Wellbeingは、この契約に基づいてGreenCera-FをHealthyNaviに供給し、原材料の販売からロイヤルティを受け取ります。 一方、Healthy Naviは、Green Cera-Fの独占的な日本調達権と、製品の開発および販売権を取得しています。

GCウェルビーイングは、この契約により、優れた機能性成分の海外展開を加速しています。 北米、欧州、日本以外のアジアへの展開を計画しています。

GCウェルビーイングの関係者は、「今回の契約は、機能性成分の海外への技術移転の最初の事例であり、今後、機能性成分の海外展開を積極的に推進していく予定です」と述べています。

一方、GCウェルビーイングのグリーンセラ-Fはハニーサックルバッドの抽出物であり、抗酸化保護、抗炎症、胃粘膜などの胃の健康に役立つことが非臨床試験で確認されています。 そのため、食品医薬品安全省から胃の健康を改善する能力が認められている原材料です。

kyu0705@fnnews.comキム・ドンギュ記者








Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。