樹齢800年の「枯木」を見ると…「最近はとても天気が悪い」

◀アンカー▶

ソウルの繁華街には、7年から800年以上前から存在している200本以上の古い木があります。

それぞれにストーリーと異なるストーリーがあります。

しかし、これらの木は最近、人間の観点からCTスキャンやMRIなどの詳細な健康診断を受けています。

これらの長持ちする樹木は、最近の気候変動により非常に脅威にさらされていると言われています。

レポーターのヒョンインアが報告した。

◀レポート▶

ソウル広津区ファヤンドンのケヤキ公園。

背の高いケヤキの木は、灼熱の太陽から涼しい日陰を提供します。

このケヤキは樹齢700年以上です。

世宗大王の治世中に牧場やロッジがあったが、今は木だけが残っている。

それからヘルメットをかぶった男達は木を釘付けにし始めます。

ツリードクター。

釘のようなものは、木の中を覗き込むセンサーです。

(彼は釘を言いました。(木は)傷つきませんか?)
「人々は風邪を引いたときにも注射を受けます。」

木の中はスキャナーを持っているかのように撮影されました。

木の中の水色の部分は腐っているか中空です。

外からは見栄えが良かったのですが、そうではありませんでした。

[이규범 / 다산나무병원]
「(それは健康に聞こえますか?)キャビテーションは健康とは見なされません。循環器系のその側ではまだ葉がきれいに出ています…」

言い換えれば、骨粗鬆症は深刻ですが、血管は健康な老人です。

木の医者は、木の中に腐敗したり壊れたりしないように、木の全体にコルクを置きました。

昨年3月以来、ソウル市はソウルの約200本の古木を詳細に調査してきました。

気候変動により、雨や風が強くなり、熱波が悪化しています。

干ばつやスコールなどの気象変数がより頻繁に現れるため、ソウルの警備員も正確な診断が必要です。

ソウル最古の木は樹齢884年です。

このイチョウの木は道峰区バンハク洞にあります。

近代史の苦痛はまた、時代を経た木々に染み込んでいます。

鍾路区恒村洞にある466歳の銀杏。

この木の隣にある赤レンガの建物は、世界中で3.1運動を開拓したアメリカ人ジャーナリストのアルバートテイラーの家です。

鍾路区ヨンジドンの絵の木。

反日婦人会である愛国婦人会の会場でした。

日本の警察が誰かの先端に到着したとき、この木が危機を救ったという逸話があります。

[이장희 / ‘사연있는 나무 이야기’ 저자]
「テグクギや歴史書など。本来あるべき場所を隠そうとしたが、ここの穴に移した。」

何百年もの間生きてきたすべての木には、物語があります。

この話は実は私たちの話です。

[배시연 / 서울시 푸른도시국 조경과]
(なぜガード保護が重要なのですか?)
「ソウル市民のさまざまな生活は、超越的な瞬間を持って融合し、そのような生活の中で、現在と過去、そして現在と未来がつながっていると思います。」

ソウル首都圏では、樹木がより長く物語を語れるよう、3年に1回の徹底的な調査を行う予定です。

MBCニュースのインアヒョンです。

ビデオカバー:イ・ジホ/ビデオ編集:キム・ジョンウン/イラスト提供:イ・チャンヒ

MBCニュースは24時間あなたの報告を待っています。

▷Tel02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷カカオトーク@mbcレポート

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。