横領と過失による会計士の解雇…裁判所「無効」

2017年、裁判所は、ソウル恩平区精神保健推進センターでの会計士の横領事件により不当に解雇された有期労働者Aの解雇は無効であるとの判決を下した。

6月13日、ソウル高等法院は、恩平区の事務所に対してA氏が提出した「解雇と給与請求の無効化の確認」において、両当事者に和解を勧告する決定を出した。 2017年に訴訟が提起されてから約5年後に解雇を覆す決定によると、恩平区事務所は未払い賃金と退職金を含めて1億1,164万ウォンを支払わなければならない。

それ以前の2017年5月、恩平区メンタルヘルス推進センターの経理を担当した20代の従業員が4年間、地元の補助金から3億2000万ウォンを横領した。 従業員は100万ウォン相当の猫2匹を買って飼育し、鞄を買って日本、日本、オーストラリア、フランスなどの海外旅行費に使っていたことが明らかになった。

当時、会計士は給与と賃金からの所得税、2013年12月から2017年3月までの従業員の給与から差し引かれた4つの主要な保険料と退職貯蓄を会社のメインアカウントからリザーブアカウントに移し、3つのアカウントに分割しました。 転送方法が使用されました。 また、年度末には、偽の和解報告書を作成し、地方事務所に報告し、残りの事業予算を盗むことで、血税を横領していることに気づきました。

会計士が逮捕され、横領されたお金を近所の事務所が集めたようだったが、恩平区の事務所はこれに異議を唱え、残りの従業員を解雇した。 事件当時、解雇の危機に瀕していたA氏は、「恩平区保健所は、直接運営されているにもかかわらず、センター職員全員を横領の共犯者として扱っており、そうしないと述べた。 。 既存のスタッフの雇用を引き継ぐ。」。

恩平事件が発覚した2017年9月29日、恩平区事務所は、ソウル市恩平病院から委託されていた恩平区精神保健福祉センターの運営委託契約を解除し、 10月16日。 同じ年の。

当時、区役所は、センターの既存の労働力が雇用されないことを前提として、非常勤職員を採用していました。 恩平病院は同年7月にA氏に雇用契約の終了を通知し、A氏は局が使用に成功しなかったため、9月30日にようやく辞任した。

委託が終了した翌日、A氏は同年11月に引退して民事訴訟を起こし、「区役所が理由なく就職を拒否したのは不法解雇だ」と述べた。 厚生省の「メンタルヘルス事業ガイド」のデータをもとに聞いたAさん。 このデータは、「原則として、信託組織の変更または業務の種類の変更の際に、人材は雇用に移される」と規定しています。 また、職場に戻るまで月給を支給するよう区役所に依頼した。

一方、区役所は、「常任チームリーダーだったA氏は、会計士を管理・監督する義務があるが、注意義務を怠り、横領を阻止しなかった」と述べた。 、および横領を支援した従業員を特定できませんでした。」 それは正当化されると主張した。

裁判所「雇用の継承の義務が存在し、横領と過失は単なる憶測である」

2018年の最初の裁判の判決で、A氏の手は「委託契約の終了後に原告の雇用関係を継承する義務がある」と支持された。 裁判所は、「サービス事務所と恩平病院との委託契約では、原則として、センターの運営組織が変わった場合、センターの職員の雇用関係を入れ替えることが定められている。彼らは会社での仕事の継承に明確に同意した。」

裁判所はまた、「近隣事務所が雇用に成功することを拒否することは、雇用者が従業員の意志に反して一方的に雇用関係を終了することと実質的に異ならないため、労働基準法に基づく解雇に相当する」と述べた。 。」 彼はまた、A氏が従業員を辞任することを怠ったという区役所の主張は「単なる憶測」であると指摘した。

不当解雇を理由に、裁判所は「2017年9月30日から復職日まで賃金を支払う義務がある」との判決を下しました。 控訴裁判所はまた、裁判の判決を支持し、仕事の成功を拒否することは不当解雇を構成し、有効ではないと判断した。

最高裁判所はまた、雇用の成功の拒否に関して下級裁判所の判決は正しいと判断した。 しかし、下級裁判所は、「賃金支払期間」について誤った判断を下したとして、その部分を覆した。

最高裁は、「A氏の雇用関係が2018年12月31日に失効したかどうかを聞いた後、訴状が終了する前に、A氏が労働者としての地位を取り戻すことができなくなったので、あなたは支払いを受けることができる期間を決定しました」と彼は言いました。

恩平区事務所はA氏に未払い賃金を含めて1164万ウォンを支払う予定だ。

2021年11月11日、最高裁判所は解雇と賃金要求の無効を理由に訴訟を破棄し、却下しました。 今年6月、ソウル高等法院はA氏と恩平区の事務所に和解を勧告し、判決を下した後、どちらの側からも異議がなかったため、和解の勧告が確認された。 その結果、恩平区役所は未払いの給与と退職金をMAに支払うことを余儀なくされた。

未払い賃金は、2017年10月から2022年7月までの約4年10ヶ月で、1億300万ウォン。 退職金は864万ウォンで、総額1億1164万ウォンとなった。

恩平区は、恩平区民事訴訟で「解雇・賃金請求の無効化」の判決に基づき、A氏に支払う準備金を執行する予定である。

この判決は、運輸連合KCTUの聴衆からの法律専門家のグループである「公共交通連合司法裁判所」によって2021年の「今年の最高裁判所決定」の1つとして選ばれました。 労働者の雇用を引き継ぐ義務があるという感覚。

しかし、恩平区の事務所が他の労働者を解雇し、最高裁の裁判を強要し、当時の会計士が乗っ取ったという事実で地方納税者の税金を浪費したという批判は避けられないようだ。

補遺| この記事は恩平市民新聞にも掲載されました。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。