核兵器のない世界に向けて前進する岸田NPT再検討会議

総理大臣として初出席、原爆現場視察を申し出る
アメリカの核兵器使用の現実との矛盾… 日本は核兵器禁止条約に参加していません。

1月1日(現地時間)、ニューヨークの国連本部で開催された核拡散防止条約(NPT)運用検討会議に、日本の岸田文夫首相が日本の総理大臣として初めて出席したと、共同通信が報じた。

原爆投下地の広島を選挙区に持つ岸田首相は英語で演説し、「広島の首相として、どんなに困難な道であっても、核兵器のない世界に向けて現実主義者として行動しなければならない」と述べた。 .”

「世界は、ロシアがウクライナに侵攻し、核による威嚇が行われ、核兵器による荒廃が再び繰り返されることを深刻に懸念している」と述べた。

岸田首相は、軍縮と平和体制の礎であるNPTの保護者として日本が自らを示すと述べ、5つの行動計画を含むいわゆる「広島行動計画」を提案した。

この計画は、核兵器の不使用の継続、原子力エネルギーの透明性の向上、核兵器数の減少傾向の維持、核兵器の不拡散と原子力の平和利用、各国首脳の訪問を求めていた。各国の首脳が被爆地を訪れ、展示の事実を共有する。

岸田総理は、核不拡散について、北朝鮮が再び核実験を行うのではないかという懸念に言及し、「日本は国際社会と協力して核問題や北朝鮮のミサイル問題に対処していく」と述べた。

来月の国連総会でハイレベル会合を開き、核爆発を伴う核実験を一切禁止する包括的核実験禁止条約(CTBT)の発効に向けた環境整備を行う予定で、初のプロジェクトとなる。武器の使用のためのFMCTの。 彼はまた、協定への署名を促すと述べた.

岸田首相はまた、核兵器による荒廃を繰り返さないという確固たる約束を世界に示すために、来年広島でG7サミットが開催されることを指摘した。

岸田、NPT再検討会議 "核兵器のない世界に向かって行進します。"

さらに、彼は、国際賢者会議の最初の会議が、今年11月23日に広島で開催され、各国の元および現在の政治指導者が参加することを付け加えました.

岸田首相はまた、日本が国連に1000万ドル(約130億ウォン)を寄付して「若者の非核指導者基金」を設立し、日本の若者に原爆の実相を学ぶよう呼びかける計画を発表した.

折り鶴を持って会議室にやってきた岸田総理は、佐々木禎子さん(1943-1955)の折り鶴が核兵器のない世界の象徴になったことを発表し、「核兵器のない世界に向かって歩みます」と強調した。志を同じくする皆さんと一緒に核兵器を。」

佐々木さんは 2 歳のときに広島で被爆した後、健康を取り戻すと信じて折り鶴を折りましたが、最終的には原爆の影響で亡くなりました。

日本の安全保障は、他国が米国の同盟国を恣意的に攻撃することを防ぐために、米国が核兵器やその他の力を使用する、いわゆる拡大抑止に依存しており、岸田首相が設定した核のない世界と矛盾している.

日本政府は核兵器禁止条約(TPNW)に参加せず、今年6月に開催された第1回締約国会議にオブザーバーとして代表を派遣しなかったため、原爆被害者らから、残念だった。

岸田総理は1日の演説でこの点を認識し、広島行動計画を「核兵器のない世界の理想と厳しい安全保障環境の現実をつなぐロードマップの第一歩」と定義した。

/ユンハプニュース

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。