東アジア スーパー リーグ 10 月の 5 か月の旅は、Ginseng Corporation のホーム ゲームで始まります

10月から翌年2月まで、1チーム6試合…準決勝、グループ決勝の1位と2位のチーム

東アジアスーパーリーグ(EASL)は、2021-2022シーズンの韓国プロバスケットボール準優勝チームである安養KGCジンセンコーポレーションのホームゲームを皮切りに、10月から5か月間の旅を開始します。

韓国、日本、フィリピン、台湾など東アジアのプロバスケットボールリーグが参加する大会であるEASLは3日、初年度となる今シーズンの試合日程を発表した。

今年のトーナメントには、KBL、日本の B リーグ、フィリピンの PBA フィリピン カップの勝者、準優勝の香港ベイエリアを拠点とする大中華圏のチーム、ドラゴンズ、台湾 P リーグ + チームの勝者を含む 8 チームが参加します。

KBLでは、昨シーズン初の総合優勝を果たしたソウルSKと、優勝戦で2位に終わったジンセンコーポレーションが代表を務める。

EASL は 8 チームをグループ A とグループ B に分け、各グループで 6 試合をホーム アンド アウェー形式で行い、グループ内の 1 位と 2 位の 4 チームを決定します。

この4チームが準決勝、決勝、3位決定戦を行う。

東アジア スーパー リーグが 10 月のジンセン コーポレーション ホームゲームで 5 か月の旅を開始

Ginseng Corporation は、B リーグ準優勝の琉球ゴールデン キングス、P リーグ + 台北の勝者である富邦ブレーブス、未決定のフィリピン カップの勝者とともにグループ A に配置されました。

10月12日午後7時、高麗人参コーポレーションはA組初戦の本拠地である京畿道安養体育館でフィリピンカップ優勝チームと対戦する。

10 月 16 日と 12 月 7 日にホームで台北と琉球と対戦するジンセン コーポレーションは、ネイルのグループリーグ最後の 3 試合をアウェイで行う。

12月21日(琉球)、1月18日(台北)、2月1日(フィリピンカップ優勝)にそれぞれ予定されている。

宇都宮ブレックス(日本)、ベイエリア、フィリピンカップ準優勝チームとともにグループBに配属されたSKも、10月19日に来日し、Bリーグ優勝の宇都宮と対戦し、大会日程を開始する。

東アジア スーパー リーグが 10 月のジンセン コーポレーション ホームゲームで 5 か月の旅を開始

その後、11月2日、12月28日、来年1月4日にホームで宇都宮、ベイエリア、フィリピンカップ決勝進出者と3試合連続で対戦する。

SKは来年の1月18日と2月1日にグループステージのスケジュールを完了し、残り2試合のアウェイで決勝進出のフィリピンとベイエリアとそれぞれ対戦する。

その後、来年3月3日から準決勝が行われ、決勝が行われる月の5日に全競技日程が終了する。

EASLは、人参コーポレーションのビョン・ジュンヒョンを紹介し、「チームの攻撃を担当する選手として、チームを東アジアスーパーリーグの舞台に導く」と紹介した。

また、SKについては「SKを運営するキム・ソンヒョンがKBL 2022-2023年最高年俸選手だ」と明らかにした。

東アジア スーパー リーグが 10 月のジンセン コーポレーション ホームゲームで 5 か月の旅を開始

東アジア スーパー リーグが 10 月のジンセン コーポレーション ホームゲームで 5 か月の旅を開始

Terrapic 12 は、2017 年から 2019 年にかけて EASL が主催した地域大会であり、SK は 2019 年の決勝戦でファイナリストに敗れただけで、中国プロバスケットボール (CBA) 遼寧フライングレオパーズに敗れました。

最近ベイエリアで外国人俳優としてスカウトされたアンドリュー・ニコルソン(元大邱韓国ガス公社)は「SKに挑戦するのが楽しみだ。

今後も良い結果を残すことができると確信しています。

「私たちの目標は、東アジアで最高のバスケットボール リーグになることです。

/ユンハプニュース

Kono Makoto

「ベーコン愛好家。筋金入りのツイッター愛好家。流行に敏感なポップカルチャーの専門家。学生。認定ビールマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。