東アジアカップの出口ジソヨンの韓国と日本の最初の試合はうまくいった

「勝つためには、日本に追いつく必要があります… 『対戦相手の記録的な劣等感』を変えるのが私たちの義務です」

「チームの最初の試合は厳しい。対戦相手は日本であり、非常に勇気づけられる。

「」
17年ぶりに東アジアサッカー連盟(EAFF)E-1選手権の優勝を目指す女子サッカーチーム代表のジ・ソヨン(31、水原FC)は、韓国に先んじて優勝したいという強い意欲を示した。 -日本のゲーム。

6日、坡州ナショナル(サッカーチーム)で代表チームの初戦を終えたジ・ソヨンは、記者団に「とにかく勝ちたいのなら、日本を捕まえなければならない」と語った。

「日本は私たちのような厳しい最初の試合をしている」と彼は付け加えた。

6月19日から26日まで鹿嶋で開催される東アジアカップ女子トーナメントでは、韓国と日本、中国、台湾の4チームがフルリーグで優勝を決定します。

19日に行われる韓国の最初のゲームは日本です。

ジ・ソヨンは「記録的にはこれ以上ない」と語った。

「それでも、韓国が前回のアジアカップで2位に終わったことは非常に驚くべきことだ」と彼は語った。

韓国は日本より低く、4勝11引き、17敗です。

しかし、今年初めに開催されたアジアサッカー連盟(AFC)アジアカップ2022では、代表チームが日本に次ぐ2位となった。

ジ・ソヨンは、「個人的に、東アジアカップに行ったとき、いつも3位に終わったのは残念だった。

また、「最近、女子プロサッカーリーグであるWKリーグの初戦がキャンセルされた。

英国女子スーパーリーグ(WSL)に進出した最初の韓国人選手であるジ・ソヨン(水原FC)は、8年後に韓国に戻ったが、4日に慶州韓国水力&原子力に対してWKリーグデビューを果たす予定だった。 。

しかし、WKリーグの選手登録手続きに問題があり、残念ながら参加できませんでした。

池笑然は「このようなエリートメンバーとして東アジアカップの準備ができて久しぶりだ」と述べ、「外国人選手が早く参加したことは、代表チーム。」

チョ・ソヒョン(トッテナム)やイ・ヨンジュ(マドリッドCFF)などのヨーロッパの選手もこのトーナメントに参加します。

しかし、イ・グンミン(ブライトン)は前に出られなかった。

FIFAが定めたマッチA期間中は東アジアカップが開催されないため、外国人選手はクラブの許可を得てのみ参加できるが、イ・グンミンはチームからの招集の許可を得ていない。

ジ・ソヨンは「イ・グンミンが一緒に来てくれたらいいのに、どうなるかわからない」と失望を表明した。

/yunhapニュース

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。