来月、日韓関係が試される…強制労働の解決が日本の対応策の鍵

官民評議会の設立を含む、公式に解決策を探しています…高レベルの外交コミュニケーションも含まれます。

「確固たる意志」の水準を維持しながら加速することができなかった日韓関係の改善の試みは、来月から本格的に進むことが期待されている。

日韓関係の最大の問題である強制労働補償の解決策を模索するために官民評議会が結成され、衆議院選挙(7月10日)後、日本の動きは終わりました。

7月は、韓国と日本が緊密な関係を解明するための手がかりを見つけることができるかどうかの重要なテストベッドになる可能性があります。

外務省は、犠牲者や学界の専門家の意見を収集することにより、強制的な動員を補うための解決策を模索するための民間評議会を形成しています。

官民評議会の発足は、水中で解決策を見つける作業がより正式なレベルで行われていることを意味します。

しかし、官民評議会の任命が遅れていることは承知しています。

当初、取締役会は早ければ今月から発足する可能性があるとのコメントがありましたが、このような状況を踏まえると、発足日は来月となるはずです。

日本の強制労働会社の国内資産の現金(売却)の流入は、日韓関係に降りかかった「足の火」である。

日本側は、キャッシュフロー問題の緊急解決を強く望んでいることが知られています。

日韓関係の改善は、強制的なキャッシュフローを防ぐための特定の対策なしに達成することは事実上不可能です。

日本の占領下での強制労働に対する補償の問題は長い歴史があり、政府の内外で多くの解決策がすでに議論されてきました。

代表的な例は、韓国政府が日本企業に補償金を支払い、日本に請求する「代位弁済」方式です。

韓国と日本企業の自主的な参加によって設立された基金で被害者に扶養手当を支払う「1+1」計画と、市民が両国の企業が資金調達に参加することも提案されました。

政府が検討すべきアイデアでさえ、基本的な枠組みの中でそれらの既存のアイデアの境界から逸脱することはないことが観察されています。

重要なのは、日本側が強制労働問題を解決するためにどれだけの行動を取ることができるかということですが、政府が直面している状況は容易ではありません。

日本は、強制労働の犠牲者に対する個人的補償に関する韓国最高裁判所の判決は「国際法違反」であると主張し、韓国はこの問題を完全に解決すると主張している。

しかし、日本が何の行動も起こさず、韓国政府の一方の行動だけで問題を終わらせようとすれば、犠牲者が受け入れるのは容易ではないだろう。

特に、重要な問題の1つは、強制労働で告発された企業が被害者に支払われる資金の寄付に参加するかどうかです。

日本は、個人補償の判断を認める可能性が高いという意味で、被告企業の参加を頑固に拒否していると報じられている。

両国は、300人の犠牲者を補償するために300億ウォンの基金を創設する計画を調整しており、被告企業は参加していなかったと報告された。

外務省当局者は、報告書に関して「韓国と日本の共通の利益を満たす合理的な解決策を模索している」という以前の立場を繰り返した。

また、代位を法的に成立させるためには、被害者である原告全員の同意が必要となる場合があるため、現時点では、被害者を満足させる方法を準備することが不可欠です。

日本の謝罪メッセージなどに解決策を添えることができるかどうかも重要な要素です。

「悪魔は細部に宿る」ということわざにあるように、問題解決に対する日本の態度は、国内世論に大きな影響を与える可能性があります。

しかし、外交官の評価は、国内世論が固まっていることを考えると、それも非常に難しい課題であるというものです。

官民協議会を通じてある程度解決策が収束した場合、政府も日本側との交渉を通じて解決策の可能性を模索すべきである。

日韓関係の専門家は、「短期的な解決策だが、今のところ、金融政策を遅らせることで、両国間の極端な対立を回避することができる」と述べた。

官民協議会を通じて解決策を模索するほか、来月には外相などのハイレベルなコミュニケーションが行われる可能性がある。

来月7日から8日までインドネシアのバリ州で開かれるG20外相会議に韓国と日本の外相が出席すれば、何らかの形での出会いが予想される。

しかし、韓国と日本の外相がバリで公式の二国間会合を開く可能性は低いことが知られている。

今月の29日と30日のNATO首脳会合により日韓首脳会談は中止され、衆議院選挙前の状況が影響を及ぼしたようだ。

朴仁外相が初の訪日を迎えた後、韓国と日本の外相の最初の公式会合が開かれる可能性が高いと想定されている。これは、下院選挙後に推進される。

/yunhapニュース

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。