朴正煕次官補代理「ARFは北朝鮮のミサイル挑発について話し合う機会だ」

来月初めにカンボジアで開催されるASEAN地域フォーラム(ARF)は、今年の北朝鮮の一連のミサイル挑発について議論する良い機会になるだろうと、米国の次官は述べた。 米国、韓国、日本は、主要な国際協議の後、北朝鮮による不法な弾道ミサイル発射を非難した。 JoEun-jungが報告します。

チョン・パク東アジア太平洋国務次官補は、8月5日にカンボジアのプノンペンで開催されるASEAN地域フォーラム(ARF)の主要プログラムの1つとして北朝鮮問題を取り上げた。

次官補代理は、26日、ワシントンの民間研究機関である戦略国際問題研究所(CSIS)が主催した南シナ海での議論の中で、ARF会議の米国の優先事項に関する質問に答えた。

[녹취: 정 박 미 국무부 동아시아태평양 담당 부차관보] 「これは多くの利害関係者が関与する最初の地域安全保障フォーラムだと思います。そして、いくつかの問題、私たちが直面する国境を越えた問題と脅威、私たちが健康、気候変動、そしてDPRKでの前例のない数の弾道ミサイルテストのような地域のホットスポット、これは私たちがそれについて話す絶好の機会です。»

パク次官補代理は、次のように述べています。「ASEAN地域フォーラムは、多くの利害関係者が参加する地域で最高の安全保障フォーラムです。打ち上げとして地域のホットスポットとして機能するかどうかを議論する絶好の機会です。 「」

次官補代理公園はまた、米国がインド太平洋地域に置く重要性を強調した。

[녹취: 박 부차관보] 「私たちは、この非常に重要な地域、インド太平洋のこの非常に重要な水路に重大な関心を持っています。 私たちは世界の人口の半分を抱えているので、これが世界のコミュニティにとって安全で繁栄し、開かれた地域であることを確認したいと思います。

次官補代理は、「米国は、活気ある水路(南シナ海)と重要なインド太平洋地域に非常に重要な関心を持っている。これが開かれた、繁栄した、開かれた場所であることを確認したい。

ASEAN地域フォーラム(ARF)は、東南アジア諸国連合(ASEAN)の10か国と、米国、韓国、日本、ロシア、欧州連合(EU)を含む27か国が参加する諮問機関です。

また、北朝鮮が参加した唯一の地域安全保障諮問機関であり、2020年と2021年の会議には、北朝鮮のインドネシア大使アン・クァンイルとインドネシア大使が出席した。ASEAN。

参加国は、6月に開催されたARF上級指導者会議で、弾道ミサイルの発射など、北朝鮮の緊張の高まりについて懸念を表明した。

ARFに加えて、三国は、G20外相会議や北大西洋条約機構サミット(NATO)などの主要な国際イベントでハイレベルの会談を開催し、北朝鮮のミサイル挑発を非難し、強力な要求を非難した。応答。

VOANewsのJoEun-jungです。

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。