明陽海戦で日本軍が駐屯した場所…元日本の総理大臣

全羅南道珍島郡古郡面内洞村には、1597年明梁の戦いで戦死した倭寇軍将・グルシマ・ミチフサの遺体が埋葬された「外徳山」という場所がある。 「なぜ朝鮮は善を行ったのか」という意味です。 (画像ソース = 映画「明梁」からキャプチャされた静止画)

■墓を一つずつ積み上げて… 「なぜ朝鮮は徳を与えるのか」

1597年、宣祖30年、江華をめぐる交渉が失敗すると、日本は再び朝鮮に侵攻した。 いわゆる「丁酉再亂」の発生。 同年9月、来島通総率いる日本軍の戦艦330隻以上が全羅南道珍島沖に進出した。

この時、三島水軍司令官に復帰した李舜臣は、珍島と海南半島の間の狭い海峡である鬱ドルモクで、わずか13隻の船で日本軍を全滅させた。 明陽海戦は壬辰倭乱の三大海戦の一つ。

珍島郡古郡面内洞村には明陽の戦いで戦死した日本兵の遺体を集めて埋葬した場所があります。 倭德山(ウェドクサン)、「朝鮮人がなぜ徳を授けた」という意味の名前。

チョン・ユジェ時代、珍島郡の人々は内洞村烏山湾に流れ込んだ日本兵の死体を一つ一つ埋葬し、慎重に墓を造って墓を造った。 その後、山の一部が田んぼに切り開かれ、100基の墓のうち50基しか残っていないことがわかっています。 珍島では、「祖国である日本列島が見えるように、海の見える日当たりの良い場所に埋葬した」と伝えられています。

全羅南道珍島郡古郡面内洞村の外洞山は、明陽の戦いで戦死した日本兵の遺体が埋葬された場所です。  (写真提供=珍島文化会館提供)全羅南道珍島郡古郡面内洞村の外洞山は、明陽の戦いで戦死した日本兵の遺体が埋葬された場所です。 (写真提供=珍島文化会館提供)

■鳩山元首相、倭徳山の「朝鮮耳塚」を視察

鳩山由紀夫元首相が24日、倭徳山を訪れ、同日午前10時から行われる「慰霊祭」に参列する。

今月23日から24日まで、韓国の珍島文化会館と日本の京都平和協会が主催する韓日和解のための国際学術行事が開かれる。 23日には珍島郡役所の総会議事堂で珍島、倭徳山、明陽海戦に関する学術講演会が開かれ、24日には倭徳山追悼式典が開かれる予定だ。

学会では、「戦争遺産としての珍島倭德山と京都一中:提供と美徳の比較文化論」(チョン・ギョンス、ソウル大学名誉教授)、「戦争と珍島の人々の特徴」(伊藤安人教授、東京大学、日本)、「「在日朝鮮人古墳」(キム・ムンギル、釜山外国語大学校名誉教授)、「京都の古墳を通じて世界平和への動き」などの京都耳塚に関する発表(京都平和協会・天城直人)を紹介します。 プレゼンテーションと討論の後、珍島文化会館と京都平和協会との間で「済徳山京都耳(鼻)墓の共同推進に関する覚書(MOU)」の調印式が行われました。

昨年11月8日、日本の岡山県津山市で行われた「朝鮮(益寅)耳の墓」追悼式典で、日本の鳩山由紀夫元首相が妻と一緒に礼拝している.  (写真出典=聯合ニュース)昨年11月8日、日本の岡山県津山市で行われた「朝鮮耳(イチョン)墓」追悼式典で、日本の鳩山由紀夫元首相が妻と一緒に礼拝している. (写真出典=聯合ニュース)

追悼式では、献金と茶会が行われ、鳩山元首相の追悼演説、金熙洙(キム・ヒス)珍島郡知事、外務省、全羅南道の追悼演説が行われる。

これに先立ち鳩山元首相は、昨年11月8日に岡山県津山市で行われた「朝鮮の耳の墓(イチョン)の墓」追悼式典に出席し、奉献と礼拝を行った。 その時、彼はうなずいて、「何年経っても、加害者は自分のしたことを心から謝罪し続けなければなりません。 チョンユジェの反乱で亡くなった約1,000人の韓国人の耳が埋葬されたこの場所は、しばらく放置されていましたが、地元住民と市民団体によって記念碑が建てられました。

2006 年 8 月 15 日の解放記念日を祝うために、日本の著名人や来島海軍司令官の子孫である学者たちが倭徳山を訪れました。  (写真提供=珍島文化会館提供)2006 年 8 月 15 日の解放記念日を祝うために、日本の著名人や来島海軍司令官の子孫である学者たちが倭徳山を訪れました。 (写真提供=珍島文化会館提供)

■珍島文化会館長「日本の総理大臣が記念式典に出席するのは初めて…両国の和解のきっかけになれば」

標高150mのウェドク山には、軍人の墓だけでなく将軍の墓もある。 2002年の最初の発見以来、倭徳山に埋葬された日本人の日系子孫は、度々韓国を訪れ、内洞村で義援金を寄付するなど、先祖を大切にしてきた珍島の人々に感謝の意を表した。

珍島文化会館のパク・ジュオン院長は記者団との電話会談で、「倭徳山以外にも、日本兵が埋葬された鬱ドルモク周辺にもっと多くの墓があるだろう。これも調査を続ける必要がある」と述べた。 言った。

日本の元首相が倭徳山追悼式典に出席するのは初めてだ」と述べた。 このイベントが両国の和解のきっかけとなることを願っています。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です