旧統一教会の日本人信者に外国人を装うよう有権者に命令…不正選挙疑惑

「特定の政党や候補者に対する組織的な支持はありません」
106 人の日本の議員がリンクしている…

世界平和統一家庭連合(旧統一教会、以下家庭連合)と日本のサークル政治との関係をめぐる論争が高まる中、地元メディアは、信者たちが関与していると思われる疑惑を提起した。違法行為。 選挙関連の活動。

毎日新聞によると、毎日新聞は14日、日本の家族会のメンバーや元信者の数人が選挙運動に関与したと証言し、時には法律に違反するレベルに達したと報じた。

報道によると、約30年前に家庭連合に入会し、現在は信者ではない西日本在住の50代女性が、国会でPLD候補の演説場で偽謁見していた。選挙。 またはその宗教団体の寮に住んでいる間に地方選挙。

この女性は、信者の指示で、県選挙で候補者を誹謗中傷するビラを封筒に入れて、受取人の名前を書いた。

「危なくない?」と思ったそうです。 しかし、「不信仰は罪である」という宗教の教えが彼の心に浮かび、ためらいを取り除きました。

女性は「私も他人になりすまして不正投票を命じられた」と証言。

寮を離れた信徒に渡された投票所の入場券を使って、本人になりすまして投票に行ったという。

女性は「それが間違っていることはわかっていたが、罪悪感は感じなかったし、私たちの仕事は神の役に立っていると思った」と語った. 考えてみれば怖くなかった」と当時を振り返る。

"元統一教会、日本の信者に外国人のふりをして投票するよう命じる"…不正選挙疑惑

彼はまた、いわゆる「感動商法」 (靈感商法) にも関与し、信者を不安にさせ、普通のものを高値で買わせました。

インスピレーションを与えるマーケティング手法とは、悪霊を追い払い、幸運をもたらすという主張を信じ込ませて、物を非常に高値で販売する方法です。

20代半ばから30代半ばまで家族連合に所属していた40代の女性が、家族連合傘下の政治団体である国際城公連合の要請で選挙運動を行う車内でマイクを使用した、国会議員の選挙または近くの地方選挙があったとき。 彼は宣伝声明を出したと言います。

彼が担当していた候補者は主にPLD出身だったと彼は説明した。

信者が選挙を支持したという証言について、家庭連合は「信者が自らの意思でCMに出演したり、演説を聞いたりするケースはあるかもしれないが、宗教法人は特定の政党や候補者を組織的に支持するわけではない。 いいえ」と毎日新聞は語った。

そんな中、共同通信は、全国の現職議員106人が家庭連合と関係があり、与党自民党が82人で約8割を占めたと報じた。

家庭連合や関連団体から政治資金を受けている特派員、選挙で支援を受けたり意思表示をしたりした特派員、これらの団体の行事に出席したり祝電を送ったりした特派員、民事・刑事事件に関与している会員グループを支援する意思を表明している家族連盟と連絡を取り合っていると定義されており、調査結果がまとめられています。

このような状況は、衆議院・衆議院議員712人を対象に行った調査で指摘され、583人(81.9%)が回答した。

"元統一教会、日本の信者に外国人のふりをして投票するよう命じる"…不正選挙疑惑

下村博文元文部科学大臣、萩生田浩一自民党政務調査委員会委員長、野田聖子元少子化首相、ゲージ・フルヤ元公安大臣、自民党の石破茂元幹事長、岸信夫元防衛大臣、甘利明元幹事長、平井拓也元デジタル担当大臣、元・現職の閣僚・党幹部も同族連合とつながりがある。

共同通信は「教団が自民党を中心に政界に広く浸透していることが改めて明らかになった」とし、臨時国会での争点になるとの見解を示した。

今月10日に岸田文雄首相が改造を実施した後も、支持率がほとんど回復しなかった理由の1つとして、自民党と家族連合との不適切な関係の疑惑が挙げられており、その影響はしばらく続くはずです。しばらく。

先月8日、安倍晋三元首相が衆議院選挙の選挙運動中に射殺されました。

安倍前首相暗殺者の山上哲也さんは「母が家庭連合に多額の寄付をし、家庭が混乱している」と語った。

最初は家庭連合の指導者を殺そうとしたが、なかなか機会を得られず、安倍前首相が家庭連合とユニバーサル・ファミリーが共同で主催した「シンクタンク2022前進希望会議」にビデオメッセージを送った. 2021年にフェデレーション(UPF)。

安倍前首相の死後、興行商法の被害者を代表する弁護士が記者会見を開き、家族会は信者に普通の本を3000万円(約2億9000万ウォン)で販売した。 彼はまた、出産したと主張した

/ユンハプニュース

Koike Azumi

「無関心になりがちです。ビールの伝道者。不治のコーヒー好き。インターネットの専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。