日本 : 国際 : ニュース : ハンギョレ

10日の参議院選挙で勝利した日本の岸田文夫首相は11日午後2時、東京の自民党で記者会見を開き、選挙の評価と今後の政策の方向性を明らかにした。 東京/ロイター聯合ニュース

自民党内の右翼保守派の中心人物だった安倍晋三前首相の死去により、岸田文夫首相は韓国との妥協点を見出すことが難しくなっている。 、日本のメディアアウトレットが示唆した。 朴槿恵外相は就任後初めて日本の林芳正外相と会談し、強制動員被害者の補償問題を早期に解決することで合意したが、解決は容易ではないようだ。 19日、「この(韓日外相)会談は(4年3カ月ぶりに)ギリギリで終わったが、『参議院選挙』で安倍前首相が射殺されたことから、岸田外相は政府が(韓日)関係の改善に積極的に取り組んでいるが、立場を固めることが難しくなっている。 自民党保守党幹部は「安倍元首相は党内の保守勢力を調整して岸田政権を支えた。 今後(岸田総理)、保守党がすぐに背を向ける可能性がある」と述べた。 党内で強い影響力を持つ安倍前首相の不在で、岸田首相は「保守派」全体の対応を余儀なくされた。 同紙は「岸田政権が歴史問題で韓国と妥協していると見られれば、保守派の反発を招く恐れがある」と報じた。 自民党内の保守派を中心に、韓国が解決策を見つけるまで日本は動揺してはならないという雰囲気が強い。 このため、朴槿恵長官の岸田総理に対する予防策は、ギリギリの状態であることが分かった。 日本政府関係者は同紙に対し、「岸田首相と朴長官が官邸で会談したかどうかについては慎重な見方があった。 このため、朴長官の訪日発表は会談(外務大臣)の3日前の15日夜まで延期された。 朴長官と岸田首相が19日午後に会談するが、朴長官の訪日は尹錫烈(ユン・ソクヨル)政権が強く求めていたことが分かった。 日本の外務省関係者は、「韓国側は、政権交代後に出現した(韓日)関係の改善の雰囲気を維持したかった」と述べた。 「尹政権は日韓関係の改善に積極的に取り組んでいるため、外相会談に対する日本政府の対応は、任期の早い段階で徴兵問題に対処することも目的としている」と彼は述べた。 同紙は、「しかし、尹政権の支持率はすでに下がっており、徴兵問題で彼女が厳しい政治的決断を下せるかどうかは不明だ」と付け加えた。 尹政権は、強制動員被害者の補償問題解決には日本の協力が必要だと考えている。 強制動員被害者が求める三菱重工や新日本製鐵などの被疑者企業の謝罪と賠償に、ある程度の関与が確保されなければ、問題の解決は難しい。 尹大統領の側近は、「韓国政府だけで原告と国民が理解できる解決策を見つけるのは難しい。 「日本側の協力がなければ、キャッシュフローを止めることはできない」と彼は言った。 東京/キム・ソヨン特派員 dandy@hani.co.kr

Koike Azumi

「無関心になりがちです。ビールの伝道者。不治のコーヒー好き。インターネットの専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です