日本:国際:ニュース:ハンギョレモバイル

ジョー・バイデン米大統領と岸田文雄首相は、1月21日に約80分間、ビデオによる首脳会談を行った。 首相官邸のウェブサイトから保存

日韓首脳会談が終了する中、23日に予定されている日米首脳会談でどのような議論が行われるかは興味深い。日本はこのピーク時に日米同盟をさらに強化する予定である。 ジョー・バイデン米大統領は22日就任以来初めて訪日し、23日には岸田文雄首相と会談し、日本からは米国の四者諮問機関である「クワッド」首脳会談を行う。 、インドとオーストラリア、24日。 日米首脳は23日、東京ゲストハウスで会合を開き、安全保障、経済、宇宙・サイバースペース、脱炭素など幅広い分野での協力のあり方について話し合う。 安全保障戦略については、両首脳は、「世界のどの地域においても、一方的な力による現状の変更は容認できない」と述べ、中国の軍事行動に対する「抑止力と適応力」を強化することに合意することが期待される。 米国は、中国に対する抑止力と対抗策を強化するために、日本の「核の傘」でシールドするという声明の中で、「広範な抑止力」の方針を表明すべきである。 岸田首相は、北朝鮮や中国などの近隣諸国で、防衛費の増加やミサイル基地を直撃する「敵基地攻撃能力」の保有など、防衛能力を構築したいという意向をバイデン大統領に伝える計画だと報じられている。 22日、「具体的な防衛費については触れないが、首脳会談で日本の防衛力を根本的に強化する計画を表明する」と述べた。 岸田首相は、バイデン大統領の積極的な同意を得ることにより、日本の防衛政策の大きな転換を追求する予定です。 バイデン大統領は23日、中国を対象としたインド太平洋経済枠組み(IPEF)の立ち上げを正式に予定しており、日本政府は韓国と同様に参加する意向を発表する。 一方、日本では、21日の尹錫淑(ユン・ソクヨル)大統領とバイデン大統領の日米首脳会談で、文在寅前政権の立場が北朝鮮や国民との関係で変わったことに関心を示した。 韓米首脳会談での合同軍事演習の規模拡大に向けた協議の合意について、尹政権との違いを指摘し、「旧月政権は、地域平和体制の確立を重視した。セキュリティへ」。 「ユン大統領は、米国との経済技術協力を拡大すると発表した」と述べた。 。 朝鮮民主主義人民共和国の経済的枠組みへの韓国の参加は、「中国を挑発しないように注意した旧文在寅政権からの態度の変化」と評価した。 日韓関係の改善が急務であるという回答もあった。 「北大西洋条約機構(NATO)のような安全保障の枠組みがない東アジアでは、地域安全保障の中心は三国間日米韓である」と彼は述べた。 日本政府は、日韓関係を改善するために、韓国政府は2018年10月の最高裁判所の判決によって確認された賠償の「現金」問題に対する具体的な解決策を見つけなければならないという立場を固守している。東京/通信員キム・ソヨンdandy@hani.co.kr

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。