日本:国際:ニュース:ハンギョレモバイル

安倍晋三前首相は、17日から17日の夜、自民党内最大の派閥である「安倍晋三」の会談で講演する。安倍前首相

自民党最大の派閥を率いる安倍晋三元首相は、国防費の増加や「ニュークリアシェアリング」の議論など、安全保障関連の発言で存在感を示している。 7月に予定されている参議院選挙に先立ち、トーリー党を結集することで影響力を高めることが意図されていることが強調される。 安倍晋三前首相は17日夜、東京の繁華街にあるホテルで自民党内の派閥「安倍晋三」の会談を開き、ロシアによるウクライナの侵略に言及し、「世界は注目している」と宣言した。日本が防衛力をどのように強化するかについて」 23日に予定されている日米首脳会談について、「ジョー・バイデン大統領は、日本が防衛力を強化することへの期待を表明する可能性が高い。それを示さなければならない」と述べた。 日本の岸田文雄首相も出席した。 報告書によると、岸田首相は「党の長年の願いである憲法を適切に改正する必要がある。 安倍首相の助けを借りたい」と述べた。 岸田首相は、「安倍政権は、過去の民主党の統治によって被害を受けた日米関係を完全に回復させた。

安倍晋三前首相は、日本の国防費を現在の国内総生産(GDP)の1%から5年以内に2%に引き上げることを求めています。 彼は自分のソーシャルネットワーキングサービス(SNS)に「防衛はGDPの2%を費やしている」という言葉で写真を投稿しました。 SNSキャプチャ

安倍前首相の自民党への影響力は依然として強い。 首相官邸を去った後、彼はさまざまな会議やショーに出演し、安全保障について恥ずかしがらずに発言した。 たとえば、安倍首相は、日本の国防費は現在の国内総生産(GDP)の1%から5年以内に2%に上昇するはずだと主張している。 また、「敵基地を攻撃する能力」については、「(標的)を基地に限定する必要はない。これには、こちら側(北朝鮮、中国など)のバックボーンを攻撃することも含まれるべきだ」と述べた。これらの内容は、先月27日に自民党が岸田首相に提出した「新しい国家安全保障戦略の策定案」に含まれていた。核兵器に関しては、日本では長い間「社会的タブー」と見なされていた。彼は2月にテレビに出演し、「ドイツとオランダは共同でアメリカの核兵器を運用している。日本もまた、さまざまな選択肢について話し合う必要がある」と述べた。「核共有」の発言に共感した自民党の議員もいたが、党の提案はうまくいかなかった。安全保障の専門家、さらには米国からの強い反対のために可決された。」 保守党の支持を固めることで、その影響力を発揮する運命にあるようだ」と述べた。 東京/特派員キム・ソヨンdandy@hani.co.kr

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です