日本観光が2年ぶりに再開…JATA幹部が韓国訪問 :: Empathy Media Newsis News Agency ::

記事の概要

17時から21時まで… KATAや旅行業界との打ち合わせ




[서울=뉴시스] ▲パク・ジュヨン記者〓新型コロナウイルスと韓日の通商問題で中断していた韓日観光交流が2年ぶりに再開した。

韓国観光公社(KTO)は18日、日本旅行協会(JATA)の幹部や会員企業、航空会社関係者など14人を招待して現地視察を行っていると発表した。 遠征は17日から21日まで。

日本探検隊は韓国訪問の初日である17日、飛行機で仁川に到着し、新型コロナウイルスの迅速抗原検査を行った後、パラダイスシティ団地を訪問した。

18日はソウルで人気の観光地である景福宮と西村通仁市場を訪ねる。 また、日本で大ヒットしたドラマ「梨泰院クラス」と「ヴィンチェンツォ」のロケ地となった梨泰院と清渓川のセウン商店街を訪れる予定だ。

19日は観光の中心地である江陵に行き、アルテ美術館、メディアアート展示館、ハスラアートワールドなどを訪ねる予定だ。

20日、遠征隊はCOEXセブンラックカジノ、アモーレ聖水、ソウル天文台を訪問する。

日本探検隊は、韓国旅行協会(KATA)と国内旅行業界との会合を開き、相互の観光交流を活性化するための協力方法について話し合う予定だ。

関連画像

「日本は重要な市場です。コロナ危機が発生する前の2019年には327万人以上の日本人が韓国を訪れました。

チームリーダーのイ氏は「ドラマやK-beautyなどの韓流コンテンツを活用した新商品の開発や韓国でのグループツアーなどを積極的に支援する」と話した。

日本の旅行業界が韓国を訪れたのは、2020年に韓国と日本の観光交流が停止されて以来、約2年ぶりです。

2020年3月、日本政府はCOVID-19の蔓延を防ぐために韓国人の入国を禁止しました。 韓国政府はまた、日本人の入国を即座に禁止し、ビザを取り消した。 それ以来、両国は限定的にビジネス旅行者に電子渡航認証 (K-ETA) を発行しています。

建設会社の関係者は、「これまでのところ、ビザなしの入国および観光ビザは発行されていません。しかし、流行が近づいているとき、私たちは新しい旅行商品を開発し、大規模な旅行の基礎を築くためにツアーの探索を行いました. -大規模な採用キャンペーン」。

◎フレンドリープレスニュース pjy@newsis.com

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です