日本円底なしの下落…24年ぶりの安値(合計) :: Empathy Media News Agency ::

記事の概要

1ドル=135円 22回記録…1998年10月以来の安値
日本政府関係者「次は密接に…介入についてのコメントは差し控えます」



[서울=뉴시스] ▲イ・ヨンファン記者〓9日午後、ソウル市中区ハナ銀行の偽造・偽造対応センターで職員が円とドルの整理をしている。 2022.06.13. 20hwan@newsis.com


[서울=뉴시스] ▲キム・イェジン記者〓13日、日本円は対ドルで24年ぶりの安値を付けた。

NHKと日本経済新聞(日経)によると、同日午前8時半ごろの外国為替市場では、1ドル=134円80円前後で、20年4カ月ぶりの安値を記録した。 . 2022 年 2 月以降。

午前10時頃、円は134円、95-97円の価値がありました。

その後、午後1時頃には1ドル22円135円まで下落。 1998 年 10 月以来、約 24 年ぶりの低水準となった。

松野博一官房長官は朝の定例記者会見で、円相場が1ドル=135円台に落ち込んだことについて「為替相場が安定して動くことが重要」と述べた。ファンダメンタルズを踏まえた上で」「最近の急激な円高が気になる」と話した。

「各国の通貨当局と緊密に連絡を取り合い、必要に応じて適切な措置を取る」と述べた。

「外国為替市場の動向と、経済と価格への影響を注意深く監視していく」と述べた。

政府介入については「為替介入について具体的なコメントは差し控える」と述べた。

米財務省が各国の金融政策分析報告書を見直し、円高が進行している日本と比較して「為替介入は非常に例外的な状況に限定すべきだ」としたことについて、「最近繰り返し言われている『ただのことだ。 これは新しい視点ではない」と述べた。

10日(現地時間)に発表された米国の消費者物価指数(CPI)は、約40年ぶりの高値を記録した。

米国でインフレ懸念が高まる中、連邦準備制度理事会 (FRB) が緊縮策を強化するとの期待が高まる中、日銀は大規模な金融緩和を継続する予定です。 したがって、日米の金利差の拡大は為替レートに影響を与えます。

市場関係者はNHKに対し、「日米の金融政策の方向性の違いから、円が売りやすい状況が続いているようだ。

◎同情メディアニュース aci27@newsis.com

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。