日本主導の環太平洋パートナーシップ(CPTPP)韓国も参加を促進しています…農業にどのくらいの被害がありますか?

◀アンカー▶

これは、日本が主導し、11か国が参加する大規模な自由貿易協定であり、韓国は、環太平洋パートナーシップに関する包括的かつ進歩的な協定に参加する意向を正式に表明しました。

これは世界貿易の15%を占める取引であり、ジャーナリストのキム・セジョンはそれが韓国経済にどのように影響するかについて報告しています。

◀レポート▶

TPP環太平洋パートナーシップ協定。

2015年には、米国、日本、オーストラリア、カナダ、ベトナムを含む12か国で発売されました。

米国はトランプ大統領の下での撤退で危機に直面しましたが、日本のリーダーシップの下で2018年に復活しました。

代わりに、それらの前に2つの追加の単語があります:包括的、プログレッシブ。

CPTPPは、世界の人口の6%、GDPの13%、貿易の15%を占めています。

2か月前、中国と台湾も入会を申請しました。

韓国はまた、メンバーシッププロセスの開始を正式に発表しました。

[홍남기/경제부총리]
「貿易と投資の拡大による経済的および戦略的価値と、貿易に開放された国としての韓国の地位を十分に考慮して、私たちは積極的にCPTPPに参加します…」

CPTPPの関税撤廃率は90%を超えています。

これは、市場開放が広いことを意味します。

世界経済は細分化されているため、戦略的に非常に重要ですが、チリ、オーストラリア、カナダなどの多くの農業大国が存在するため、農業は苦しむ可能性があります。

農民のグループは、「これは長期的には国の農業生産基地の崩壊につながる可能性がある」と「食糧主権の放棄行為」と抗議した。

議長国である日本は、加盟の条件として、福島からのシーフード輸入の制限を解除するよう要求することができます。

[송기호/통상 전문 변호사]
「水産物の輸入制限の問題はWTOに提出されており、日本の輸出規制の問題も未解決の問題であるため、早期の加盟申請は実際に日本の交渉力を強化すると思います。」

すぐに、無名の日本政府当局者は、「韓国がCPTPP規則を遵守できるかどうかを判断する必要があります。 共同通信はまた、「徴兵制労働者の問題や日本の食品輸入の制限など、韓国と日本の間にいくつかの未解決の問題がある」と報じた。

MBCニュースのキムセロです。

ビデオカバー:ジョン・ヨンファ/ビデオ編集:イ・サンミン

MBCニュースは24時間あなたの報告を待っています。

▷Tel02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷カカオトーク@mbcレポート

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。