日本を含む3か国からの釜山観光客を「一時的なビザなし」に誘うための全面戦争










釜山市役所全景/写真=Newsis

釜山市役所全景/写真=Newsis

[파이낸셜뉴스] 釜山市は10日、日本、台湾、マカオに対する政府の8月のビザ免除仮申請に合わせて、釜山観光公社と様々なプロモーションやマーケティング活動を行うと発表した。

政府の特別実施により、日本、台湾、マカオからの観光客が8月4日から1か月間ビザなしで入国できるようになったため、市と会社はこれらの国々からの観光客を引き付けるために、1か月間歓迎してさまざまなプロモーションを実施するキャンペーンを推進しています. . .

まず、16日には金海空港に入国者歓迎ブースを用意し、釜山市内からのツアーの搭乗券やWi-Fi割引クーポンなどの引換券(2万ウォン相当)を16日に観光客に提供する。大阪/福岡金海空港への直行便。

釜山の観光ポータルサイト「Visit Busan」は、今月入国する日本人向けコメントイベントを開催し、Wi-Fi利用権を提供.市が賞品として提供されます。

また、今月末には福岡の旅行関係者を対象とした釜山・済州ファミリーツアーも予定されています。

ソウル市内の旅行会社には、1社当たり2000万ウォンを上限に外国人観光客誘致の奨励策が計画されている。

一方、釜山市と同社は、釜山への観光誘致に向けて、同社の海外広報室を通じて、地元の旅行会社や航空会社と関連した商品開発を進めている。 9月に東京で開催されるツーリズム・エキスポ・ジャパン、11月に開催される台北国際女性博覧会などの地方展示会に参加し、釜山の広報と観光客の誘致を図る予定だ。

また、9月には、10月以降の運航再開が見込まれる台湾において、主要航空会社の釜山直行便に関連する人気観光施設やオンライン旅行会社の割引キャンペーンを実施するなど、様々なキャンペーンをご用意しております。

ビザ免除制度と関連プロモーションの詳細については、市の観光ポータル Visit Busan および公式 SNS チャンネルで確認できます。

ユ・ギュウォン観光産業局長は「一時的ではあるが、日本や台湾など釜山の重要なインバウンド観光市場へのビザなし入国が実施されているため、観光市場の回復に努める」と述べた。観光客を積極的に呼び込むことで 「釜山を訪問できるように、航空路の再開と拡大に全力を尽くします。」

bsk730@fnnews.com クォン・ビョンソク記者








Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。