日本は6月から封鎖を解除する…韓国のLCCとホビー株の恩恵を受ける

旅行需要は他の国よりも高い
日本での売上高に占める有望なTLC/レジャー産業

日本は約2年ぶりに外国人の入国制限を解除する予定です。 隣国の韓国は、日本の観光からの強い需要から恩恵を受けるはずです。 新韓金融投資は、受益者として格安航空会社(LCC)を選択しました。

岸田文雄首相は5日(現地時間)、英国の金融センターであるシティで開催された会議で、「外国人がG7諸国のレベルでスムーズに入国できるようにする」と述べた。 2020年3月以降、日本はCOVID-19の蔓延を防ぐために外国人の入国を基本的に禁止しています。 3月には、外国人は観光以外の目的で入国を許可されたが、彼らはまだコロナ検疫政策を使用しているという批判がある。

アナリストは、日本が門戸を開くならば、それは韓国の娯楽とレジャー産業にとって良いニュースになるだろうと言います。 2019年、国別のインバウンド旅行者の傾向を見ると、中国が1位、日本が2位です。 日本にも旅行需要がたくさんあります。 同年、国内航空会社の国際線のシェアを考慮すると、日本線が18.8%を占めた。 これは、日本関連の消費を削減する「日本なし運動」後のデータであり、それ以前は、日本の道路の割合は30%近くでした。

シンハンインベストメントは、LCC、カジノ、旅行代理店を関連する受益者として選択しました。 LCCの場合、日本の近距離販売が55%に近いため(2019年現在)、利益の可能性が高いと分析されている。 エアプサン、ティーウェイ、ジンエアー、済州航空の順で日本最大の売上を達成しました。 新韓の投資研究者である鎮海区は、「ルート再開のタイミング、スピード、強度など、公式の立場を待たなければならない。 Busan Airのシェアはこれまでに0.5%減少し、T’way Airは8%増加し、Jin Airは3%増加し、Jeju Airは18%増加しています。

エンターテインメント業界の中から、パラダイスとハナツアーが選ばれました。 パラダイスは、仁川の永宗島にあるパラダイスシティを日本企業のセガサミーと共同開発することで、日本に利益をもたらすことを目指しています。 チー研究員は、「2019年のパラダイスにおける日本のVIPドロップ(チップの購入)の割合は35%であり、他社よりも高く、一般顧客に含まれる割合を考慮すると40%以上になるだろう(マス)「満員の市場であり、カジノVIPの規制はない」と指摘し、パラダイスは年初から5%増加した。ハナツアーについては、「かつて、日本を離れる乗客の割合は25%で、モードツアーの11%を上回っています。ハナツアーは今年6%増加しています。

レポーターSeulgiLeesurugi@hankyung.com

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。