日本は電動スクーターのライセンス要件を廃止します…国内PM業界への「ようこそ」

日本が道路交通法を改正したとき、それはe-スクーター免許の義務的な規定を削除しました。 この法案は2年以内に実施される予定であるため、国内のPM業界に大きな影響を与えると予想されます。

日本は最近、最高速度20 km/h以下の電気ボードの道路交通法を改正しました。 e-スクーターライセンスの必須条項を削除し、ナンバープレートに条項を含めます。 ナンバープレートが交通命令に違反した場合、電動スクーターに過失の罰金が科せられます。

ヘルメットも義務規定から除外されています。 ヘルメットの着用を強くお勧めしますが、必須ではありません。 賠償責任保険は必須です。 これは、事故が発生した場合の損害賠償に起因する問題を回避するためです。

重量が20kg未満の電動自転車は、新たに「小型電動自転車」に分類されます。 これにより、原則として、道路や自転車道で電動スクーターを使用することができます。 最高速度を時速6km以下に制御すれば、インドで電気ボードに乗ることができます。 ただし、16歳未満の子供は電動スクーターに乗ることが禁止されています。 16歳未満の場合でも、電気ボードを使用すると罰せられます。

飲酒運転の場合、事故がなくても、車両運転者と同様の厳しい罰則が科せられます。 道路交通法では、飲酒運転は直進不能と定義され、懲役5年以下、罰金100万円(約1000万ウォン)以下の罰金が科せられる。

今回の改訂により、電気基板メーカーの戦略も変わるはずです。 これまでセキュリティを中心とした実証実験を行ってきましたが、今後は地域の問題解決を中心としたシームレスモビリティビジネスモデルの導入を目指します。 サービスエリアは、地元の町や観光地にも拡張されます。 レンタルのほか、安全基準を満たした電動スクーターの販売も開始する予定です。

国内企業もこの変化を歓迎しています。 電動スクーターを使用する際に免許を課している国は、英国、日本、韓国だけです。 英国は今年初めて強制実施許可制度を導入し、現在それを実証しています。 業界は、検証後にシステムが廃止されることを期待しています。 確かに、運転免許を取得する過程で評価される運転モードと電気ボードの運転モードは異なります。

業界は、免許が課せられた場合、電動スクーターの新しい運転免許を新たに確立すべきであるとの意見です。 2020年12月、行政安全保障省小委員会が道路交通法の改正を検討した際、警察庁と国会で合意が成立した。

韓国首相協会の関係者は、「首相を最も保守的に見た日本が、法改正の世界的な傾向に従ったという事実は、韓国国会と規制当局が真似るべきものである。緊急性がある。による独占ライセンスを導入する必要があります

Son Ji-hye、ジャーナリストjh@etnews.com

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。