日本は技術で世界一を誇っていた… デジタル後進国が衰退した理由 チョン・ヨンヒョの日本産業分析

写真 = ゲッティ イメージズ バンク。

「目の前に座っている人が、自分の3~4倍の速さで回転しているような気がした」

「この会社では、私は下層階級の中流階級の人間だと思っていました。」

これは、20 年前に日本で最も優秀な人材が Google に入社したときの第一印象です。
日本経済新聞は、最近デジタル競争で日本が敗れた理由を、20年前までスタートアップだったGoogleに入社した日本人男性の視点から分析しました。 この時期、Google はグローバルな情報技術 (IT) の恐竜 GAFA (Google、Amazon、Facebook、Apple) の 1 つになり、日本のデジタル競争力は低下し続けました。

日本のデジタル競争力は64カ国中28位

世界一を誇った日本の技術…

先月、スイス ビジネス スクール IMD が発表した「2021 年の世界デジタル競争力ランキング」で、日本は 64 か国中 28 位にとどまりました。 2013 年に 20 位だったランキングは、上位 30 位までが危うくなるほど落ち込みました。 2013 年に 38 位だった中国は、15 位の日本を簡単に追い抜いた。 2018年以来、米国は誰もが認める世界一です。

かつてアメリカと世界一を争った日本の競争力。 IMDは「付加価値の高い人材が不足しているため、時代に対応するスピードが不足している。 その結果、グローバルに戦えるビジネスを展開できません。 この日本の弱さは、米国などとの紛争につながります。」

世界一を誇った日本の技術…

「高い付加価値を生み出せる人材が不足している」というIMDの分析によると、日本は主に人材関連の分野で弱点を示してきました。 「デジタル技術とテクノロジー」で62位、ビッグデータ活用力で63位。 国際的な経験とビジネスの敏捷性の 2 つのカテゴリで、彼女は 64 位で最下位にランクされました。

世界一を誇った日本の技術…

常に世界一の技術を誇る日本が、デジタルやコンピューター技術で世界最下位に落ちたのは、投資不足にある。 2019 年の日本の情報通信 (ICT) 産業の研究開発費は 5,400 億円 (約 5.6 兆ウォン) で、2008 年から 10% 減少しました。逆に、米国の ICT 研究開発費は 11.4 兆円で、そのほぼ 2 倍です。米国と日本の ICT 研究開発費は 20 倍に増加しました。

才能、横の文化、スピード、規模

グーグルが本格的に事業を拡大し始めた頃、入社した日本人は、日本の欠点と同様に、人材、水平的な企業風土、スピードとスケールを重視するアメリカのIT企業の本質を共に発見しました。

「目の前に座っている人の頭が、自分の3~4倍速く回っているのを感じた」という言葉は、2003年にGoogleに入社したインタビュアーの徳瀬健太郎研究部長の感想です。 「The Reason I Could Grow at Google」の著者として日本で著名な人物。 彼はスタンフォード大学で修士号を取得し、シリコン バレーのいくつかの新興企業で働いていました。

それでもGoogleは「この会社に入ればサブグループの真ん中にいる」という意味で優秀な人材の集まりでした。 監督の徳瀬によると、ほとんどの企業が組織力と資金力を競っていた時代に、Google には国籍や人種を問わずすぐにプロジェクトに投入できる天才がたくさんいました。

世界一を誇った日本の技術…

2006年に富士通総研からグーグルに異動した後藤正徳技術開発部長は、グーグルの競争力の源泉としてスピードを挙げた。 後藤取締役は、Googleマップのさまざまな機能を開発したことで有名です。 2005 年に Google マップが初めて登場したときは、米国と英国の地図しかなく、現在では当たり前になっている目的地検索やルート検索機能はありませんでした。

しかし、1、2 年の間に、衛星画像を表示する Google Earth や、道路状況を画像で表示する Street View などの機能があっという間に追加されました。 スマートフォンで使えるようになった Google マップは、毎月 10 億人以上が使用する不可欠なツールになりました。

もう一つはスケールの違いです。 2008年にソニーを退職した最高技術責任者の今泉良一氏は、「テクノロジーが世界をより良い場所にする」というGoogleのシンプルだが楽観的な考え方に驚いた。 通常のビジネスでは、売上10%増、利益率5%向上など、現実的かつ達成可能な目標を設定しますが、Googleは「10倍のイノベーション」などの大規模なアプローチを推奨しています。

「今年のビジネス目標が日本で『世界を変える』と言えば冗談になりますが、Google はそれを非常に真剣に受け止め、それを実現するために全力を尽くしています」と彼は語った。

現在、Google は 15 万人の従業員を抱える巨大企業に成長し、プラットフォームを独占していると批判されています。 幼少期から学ぶべきことはまだたくさんある、と当時 Google に入社した日本人の才能にアドバイスしました。

日本製の手作り変身ペグ

人工知能やビッグデータなどのデジタル技術が急速に発展するニューノーマル時代に求められるビジネスモデルの鍵は、誰がより早く、より正確にトランスフォーメーション(事業変革)を実現するかです。 成長期の Google の体質はまさにニューノーマルの時代に適応したものでした。

一方で、これらは日本企業の強みとは正反対の特徴です。 世界で最も競争力のある日本の部品素材産業の根底にあるのは「ものづくり」です。 心を込めて毎日同じことを繰り返していれば、徐々にすべてが改善されるという姿勢です。 しかし、こうしたノウハウが、日本企業が日本経済を迅速かつ的確に変革することを難しくしているとの指摘もある。

最近、サービス産業の主流はアジャイルソフトウェア開発の方法論に従っています。 コア機能がリリースされた後、いくつかの小さな機能の追加と更新が続けられます。 典型的な例は、カカオトークなどのソーシャル メディア プラットフォームの進化です。

対照的に、工芸の伝統が根強い日本のメーカーは、不器用な製品を提供することを恥じています。 私たちは、競合他社よりもできるだけ早く最高品質の完成品をお届けするために命を賭けています。 この方法は、トレンドが日々変化する現代の経済モデルには適していないことが強調されています。

世界一を誇った日本の技術…

韓国は傲慢になる時ではありません。 多くの韓国人は、韓国がまだデジタル大国であるという幻想を抱いており、スマートフォンの普及率とインターネットの速度が世界で最も高いと主張しています。 しかし、これからはAIやビッグデータとプラットフォームが融合する時代。 スマートフォンの普及やインターネットの速度など、ハードウェアインフラの重要性は低下しています。

世界一を誇った日本の技術…

IMD スイス デジタル競争力ランキングで、韓国は昨年 8 位から今年は 12 位に上昇しました。 順位は日本よりも高いものの、11位から8位に落ちた台湾が逆転を許した。 また、2 位の香港、5 位のシンガポールなど、アジアのライバルにも後れを取っています。 専門家は、韓国もデジタル戦争で日本が失った要因を考慮しなければならないと指摘している。

東京=ヨンヒョジョン特派員hugh@hankyung.com

Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です