日本は年率 2%、来年は 1.4% の成長が見込まれています。











韓国銀行発行 海外経済フォーカスレポート

/写真=ニュース1

/写真=ニュース1

[파이낸셜뉴스]日本経済は、景気回復が続き、今年下半期は年率2.0%の成長が見込まれています。

韓国銀行が14日に発表した海外経済フォーカス報告書「2022年下半期の日本経済見通しと主要課題」によると、37の主要民間機関が予想する日本の国内総生産(GDP)成長率は2.0%今年、来年は1.4%。 今年の第 2 四半期には 0.8%、第 3 四半期には 0.8%、第 4 四半期には 0.5% に達すると予想されています。 第4四半期には、成長率が鈍化するにつれて、世界経済の成長率も鈍化すると予想されます。

日本銀行は、今年の成長率を 2.4%、来年は 2.0% と予測しています。 これは、今年 4 月の予測 (2.9%) よりも 0.5 ポイント低く、来年の予測 (1.9%) よりも 0.1 ポイント高くなっています。

需要面では、経済活動の回復により個人消費の改善が続くほか、設備投資や輸出が増加するとみられます。

報告書は、「日本経済は今年後半も緩やかな回復を続けるが、外部環境の悪化により回復速度は鈍化すると予想される」と述べた。

日本政府による防疫措置の解除や景気刺激策により、個人消費は引き続き改善するものと思われます。

日本政府は、新型コロナウイルスの感染拡大が収まった3月から、近隣地域への渡航費として支給する宿泊補助金を全国に拡大する方針だ。

景気回復が続く中、設備投資は増加すると予想される。 日銀の6月の短期経済観測調査によると、今年の設備投資計画額は前年比14.1%増。

ジャーナリスト ヨン・ジアン jiany@fnnews.com








Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。