日本は地元の技術を強調しながら、携帯電話と電気自動車の両方を逃しました

1999年2月、日本最大の通信会社であるNTTドコモがiModeを発表し、「スマートフォンのクリエーター」と評価されました。 また、携帯電話でインターネットを使用し、iAppと呼ばれるアプリケーション市場からアプリケーションをダウンロードするためのエコシステムを初めて導入しました。 iModが日本で非常に人気になると、2006年1月にNTT DoCoMoは4,568万人の加入者に達し、世界最大のワイヤレスインターネットサービスプロバイダーとしてギネスブックに掲載されました。

しかし、それは世界市場を支配することができませんでした。 これは、NTTドコモが独立性を強調しすぎているためです。 iModを使用するには、NTTドメイン登録が不可欠でした。 すべてのアプリケーションは社内で開発されています。

2007年にAppleがリリースしたiPhoneのビジネスモデルは、iModeと大差ありませんでした。 違いは、世界中のユーザーが一緒にサービスを構築するオープンプラットフォーム戦略を採用したことです。 情報技術(IT)業界の専門家は、次のように述べています。

1989年のNTTドコモの時価総額は1,639億ドル(約207兆ウォン)で、世界第1位でした。 現在、それは987億ドル、またはその約半分の金額になります。 Appleの時価総額は2.32兆ドルで、NTTドコモの23.5倍です。

日本のビジネスコミュニティは、「日本はテクノロジーで勝ち、ビジネスで負けています。 技術への過度の依存と世界からの距離のために独創性を主張する日本の「ガラパゴス化」は、何十年にもわたって繰り返されてきました。

ソニーは性能面では優れた製品を発表しましたが、1975年にはビデオの競争に負け、1992年には録画基準に負けました。パフォーマンスと同じくらい低価格。

技術力だけを信じ、パソコンやスマートフォンの時代に間に合わなかった日本のエレクトロニクス企業は、2000年代に崩壊しました。日本の自動車産業も、電気自動車への移行に遅れをとっており、ハイブリッド車や燃料電池車(FCV)として。

「ガラパゴスジャパン」がおかしな進化を遂げたケースもあります。 日本のビール市場はその一例です。 2020年の日本のビール市場では、ビール風味の酒類「大山」のシェア(49%)が、初めてオリジナルビール(38%)を上回りました。

市場シェアの逆転の背景が主流です。 日本では、ビールの主成分である麦芽の量に比例して課税されます。 大山は豆とオレンジの皮が入ったビールのような味がします。 その結果、2020年10月の最初の酒税改正前は、ビールの酒税は77円でしたが、大山の酒税は28円でした。 大山の消費者物価はビールより90円安かった。

日本の醸造会社は、その技術力を結集して、できるだけ安くアルコール飲料を作ることに注力してきました。 これは、プレミアムビールの開発に焦点を当てている海外の競合他社の傾向に反していました。 最後に、日本政府は、「酒税は日本ビールのガラパゴスを誘発する」と指摘された後、2026年10月までにビール税を54.25円に統一することを決定した。

東京=特派員Young-hyoJunghugh@hankyung.com

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。