日本は先進国から排除されようとしている

写真=ゲッティイメージズ銀行。

日本の所得水準が韓国だけでなく先進国の平均を下回っていることを示す一連の統計の中で、日本の学者は、約10年以内に韓国が日本からではなくG7のメンバーになると予測しました。 一橋大学名誉教授(81)、元財務省(現財務省)の野口幸雄氏は最近、このテーマに関する一連の記事を、朱ガンダダイヤモンド、源大ビジネス、東洋経済などの日本の経済誌に掲載しました。そして、日本の非常に批判的な経済政策について書いた。

日本の収入は10年後のOECDの半分です

"日本は先進国から排除されようとしている"

野口名誉教授は、ウィークリーダイヤモンドの記事で次のように述べています。「日本の一人当たり国内総生産(GDP)は、経済協力開発機構(OECD)の38の加盟国の平均をさらに下回るでしょう。

日本が1964年にOECDに加盟して以来、日本の一人当たりGDPは常に加盟国の平均を上回っていますが、2015年に初めて平均を下回りました。これは、経済の崩壊に続く長期にわたる景気後退によるものです。 1990年代初頭のバブル。2010年から2020年の間に、OECD加盟国の一人当たりGDPは平均して年間1.09倍に増加したが、日本は0.89倍しか増加しなかった。

野口教授は次のように述べています。「2030年までに、日本の一人当たりGDPはOECD平均の約半分に低下するでしょう。

彼は東洋経済新報社などの記事を通じて、日本とは異なり、韓国は上昇傾向を続けていると分析しました。 韓国の一人当たりGDPは、1973年までOECD平均のわずか10.4%でしたが、現在は平均に近づいています。 日本生産性センターによると、2020年の購買力平価ベースでの韓国の一人当たりGDP(各通貨の購買力を考慮して計算された所得額)は43,319ドル(約5,138万ウォン)であり、すでに日本を上回っています。 。 、たったの41,775ドルでした。

「韓国と日本は撤退し、G7のメンバーになります」

"日本は先進国から排除されようとしている"

先月中旬、日本経済新聞と提携している経済研究所である日本経済研究所は、名目で言えば、2028年の韓国の一人当たりGDPは45,738ドルであり、日本を上回ると予測した。 45,320ドルになります。 これは、日本が2.0%増加した結果ですが、韓国の1人当たりGDPは、2025年まで年平均6.0%の成長率で成長します。

野口教授は、韓国(41,960ドル)はすでに平均給与で日本(38,515ドル)に追いついており、世界の時価総額ランキングでは、韓国のサムスンエレクトロニクス(14位)が日本のトヨタモーターズ(36位)を上回っていると説明した。 問題は、G7で最後であり、2019年に韓国を上回った日本の労働生産性であると指摘した。2020年の韓国の一人当たりの労働生産性は83,373ドルで、OECD加盟国の中で24位である。 日本は$78,655で28位にランクされました。

野口教授は次のように述べています。「20年後、日本の一人当たりGDPは韓国の2倍以上になるでしょう。 日本は、1975年にG7の創設メンバーとして参加して以来、ほぼ50年間先進国としての地位を維持してきました。

米国は1990年代半ばの情報技術革命を通じて景気後退を逆転させることに成功したと指摘し、日本が経済成長を刺激するために積極的に反応しなければ、必然的に競争に遅れをとることになるだろうと指摘した。 。

東京大学応用物理学部を卒業し、イェール大学で経済学の博士号を取得した野口教授は、日本の経済金融理論の専門家と見なされています。 彼は経済学だけでなくさまざまな分野で100冊以上の本を出版しています。 時間管理と学習方法を扱った「時間を整理して整理する方法」シリーズは、1990年代に韓国でベストセラーになりました。

東京=特派員ヨンヒョジョンhugh@hankyung.com

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。