日本はベンチマークですか? 「K-コンビニ」ステータスの変更、マレーシアでの攻撃速度

K-foodとユニークな店は地元で人気があります
脅威にさらされている日本一のコンビニエンスストア

地元のお客様は、マレーシアのE-Mart24の16店舗目から商品を購入しています。 E-Mart24提供

コンビニエンスストア業界は、マレーシア市場への参入を加速しています。 店舗数は急増しており、先に市場に参入した日本のコンビニエンスストアを脅かしています。

イーマート24は3日、昨年6月にマレーシアに1号店を出店してから約1年で20号店を出店したと発表した。

首都圏郊外の三井アウトレットパークに出店しました。 今年末までに30店舗、今後5年以内に300店舗に増設する計画です。

E-Mart 24マレーシアは、住宅地だけでなく、オフィス、大学街、観光地など、さまざまな商業エリアにユニークなコンセプトストアを導入することで、地元のお客様から高い評価を得ています。

イーマート24の関係者は、「地元の食材と調和したK-food戦略により、コンビニではなくトレンディなレストランやカフェとして認められ、人気の場所としての地位を確立している」と語った。

実際、E-Mart 24マレーシアで最も人気のある製品は、カップライス、トッポッキ、ダクガンジョン、ピンス、三角キムパプなどのK-foodです。 韓国式インスタント食品の売上高は全製品の51%を占めました。 私はe-pressoコーヒー豆です。韓国と同じコーヒー豆と設備を使用したPL製品(自社開発製品)で、インスタント醸造魚の中で売上高で第1位です。 韓国製品の28%のおかげで、菓子が売上の70%を占めています。

イーマート24の関係者は、「マレーシアに20店舗目をオープンすることで、計画通りに拡大を続けています。

地元のお客様は、CUマレーシアのテンキアラ支店から製品を購入しています。  CU提供

地元のお客様は、CUマレーシアのテンキアラ支店から製品を購入しています。 CU提供

2020年にマレーシアの企業「MyNewsHoldings」と提携して市場に参入したCUも巡航している。 昨年マレーシアの首都クアラルンプールを皮切りに、東南アジア最大のカジノ兼ランドマークであるゲンティンハイランド、東南アジアの代表的な海辺のリゾートの1つであるペナン、特別経済圏のジョホールバルなど、マレーシア全土にその範囲を拡大しています。マレーシアの。 。

現在、約90店舗を展開しており、まもなく100店舗を超える見込みです。2025年までに500店舗以上の出店を目指しています。

CUブランドの力も日々高まっています。 実際、既存の「MyNews.com」ブランドで運営されていたコンビニエンスストアがCUに転換された後、同じ店の売り上げは3倍に急増しました。 韓国からの輸入品が総売上高の約7割を占めるため、韓国製品を強く好む。

業界関係者は、「現在、日本のセブン-イレブンはマレーシア市場の店舗数で第1位にランクされているが、その成長は停滞している。

関係者は、「以前は出張で来日し、コンビニエンスストアのような先進的な流通を発見したが、今では180度雰囲気が変わった」と続けた。 日本は韓国のコンビニエンスストアを再び比較している」と述べた。

ジャーナリストMin-kooAhnamg9@edaily.co.kr

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。