日本はキム・ユナの結婚に興奮している…「私は浅田のファンですが、おめでとうございます」-国民日報

江原道の平昌オリンピックスタジアムで開催された平昌2018冬季オリンピックの開会式で、最後のトーチランナーとして敬礼するキム・ユナ。 国民日報DB

「女王像」のキム・ユナ(32)の結婚のニュースも、日本のメディアやネチズンに興奮している。

読売新聞をはじめとする日本のメディアは25日、「バンクーバー2010冬季オリンピックの金メダリスト、キム・ユナが10月に結婚する」と報じた。

日刊スポーツなどのプロメディアも「浅田真央と同じ年にオリンピックメダルを獲得したライバル」としてキム・ユナを紹介し、「キム・ユナは5歳年下の歌手ゴウリムと結婚する」と語った。 。、10月。私たちは知人だけを結婚式に招待することにしました」と彼は詳細に説明しました。

朝日テレビと朝日エンターテインメントメディアもキム・ユナの結婚のニュースを「速報」として伝えた。

日本の日刊スポーツは、キム・ユナとコ・ウリムの結婚式のニュースを主要なニュースとして取り上げています。 日刊スポーツのウェブサイトのキャプチャ

日本のネチズンもキム・ユナの結婚のニュースに熱心に反応した。 午後4時、キム・ユナの結婚のニュースが「ヤフージャパン」ポータルに掲載され、1200件以上のコメントが寄せられ、多くのコメントでニュースチャートのトップに躍り出た。

日本人のネチズンは、「正直、浅田真央のファンだったので、キム・ヨナに好感を持てなかった。でも今振り返ると、彼は素晴らしいスケーターだった」とコメントした。 「負担が大きかったので、アスリートになるのは大変だったに違いないが、結婚後は幸せな生活を送ってほしい」と語った。

別のネチズンは、「キム・ヨナは最高のフィギュアスケート選手だった。演技や身振り、回転などのテクニックに長けていた。輝いていたフィギュアスケート選手だった」とコメントし、幸せを祈った。

その上、「彼は訓練に苦労したことを覚えています。 彼が幸せだといいな」「2009年に彼が演じた「ゴッドゲーム」は今でも忘れられない」「正直、韓国は好きではないが、フィギュアスケートの基盤を広げたことは否めない」 。

韓国の代表的なスポーツスターであるキム・ユナは、2010年のバンクーバー冬季オリンピックでフィギュアスケートで女子金メダルを獲得し、2014年のソチオリンピックで銀メダルを獲得しました。 引退後も、2018年平昌冬季オリンピックの最後のトーチライターになるなど、アスリートを経ても活躍を続けました。

研修生ジャーナリストのソ・ミンチョル

GoodNewsPaperⓒ 国民日報(www.kmib.co.kr)許可なく複製、収集、再配布することは禁止されています


国民日報新聞を購読する

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。