日本の高齢者医療費が増加している-素晴らしき日々

今年の10月から、日本の75歳以上の医療費の自己負担分は10%から20%に増加します。 高齢者は増えていますが、出生率は低下しており、現世代の医療保険の負担も増えています。

日本では、「高齢者医療保険」の財源枯渇や医療費負担の問題が深刻化しています。 1973年、日本は70歳以上の人々が無料で治療を受けることを認める「高齢者のための無料医療費」の方針を実施しました。 1983年から「高齢者健康法」が施行され、入院は月額400円でした。 入院1日300円。 その後、2001年から10%が患者から支払われ、2014年からは70歳から74歳までの段階的な自己負担率が20%に引き上げられました。 今年から75歳以上の自己負担率が10%から20%に引き上げられます。 高齢者医療費の自己負担の割合は徐々に増加しているようです。

医療費の負担を増大させる高齢化

人が生涯に費やす医療費の半分は、70歳以降に発生します。 したがって、高齢者人口の増加は、高齢者の医療費の増加につながります。 日本の厚生労働省によると、2015年末の高齢者医療費の割合はすでに35.8%でした。 一人当たりの医療費は約93万円で、65歳未満の一人当たりの医療費185,000円の約5倍です。 最終的に、これは、75歳以上の人口が高齢になるほど、医療費が高くなることを意味します。 ダンカイ世代は約680万人と推定されており、日本の総人口の約5.4%に相当します。 その結果、高齢者の医療費が増加し、労働世代の負担が増大し、世代間の対立が懸念されています。

老後破産の加速は深刻な懸念を引き起こします

日本では、国民健康保険制度は74歳まで含まれており、75歳になると自動的に高齢者医療保険に切り替わります。 年末期の高齢者医療保険は、高齢者保険料の負担を増やし、財源を増やすことが常に指摘されている。 実際、財源の50%は個人が支払う保険料で賄われており、健康保険制度の場合は扶養家族が認められ、終末期の高齢者の健康保険は個別に適用されます。

たとえば、常勤の主婦である妻は、中小企業で働く夫の扶養家族として健康保険に加入していると認められたため、健康保険料を支払うのは1人だけでした。 その後、夫が75歳になり、自動的に末日高齢者健康保険に切り替えると、妻は扶養家族ではなくなり、健康保険料を支払う必要があります。 以前は1人が健康保険料を支払っていましたが、今では2人が健康保険料を支払わなければなりません。 このような状況で、高齢者の医療費の増加は、高齢者の貧困問題を悪化させる可能性があることが指摘されています。

高齢者の自己報酬率の引き上げは効果的ですか?

最大の問題は、健康保険の経済的負担が増え続けていることです。 高齢者向け医療保険の財政構造は、国税と地方税の50%、事業主からの資金と個人保険料の40%、自己負担の10%で構成されています。 「社会保険医療費支給基金」を口実に健康保険料の40%が増額されます。

日本政府は、最終段階で高齢者の医療費の自己負担率を上げて、現役世代の保険料負担を軽減することを決定したが、政策の有効性は疑問点である。 そのうち、年収200万円(約2000万ウォン)以上、夫婦320万円(約3000万ウォン)以上の人にのみ20%の拠出率を適用することにした。 高齢者ステージ。%レベル。

自己負担の増加によるアクティブ世帯あたりの保険料の引き下げの効果は、年間700〜800円に過ぎません。 これは労働世代の負担を大幅に軽減するものではありませんが、高齢者の貧困への懸念が高まっています。 その結果、個人の負担を増やすのではなく、政府の財政負担を増やすべきだという意見もある。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。