日本の首相の妻が着物で米国のバイデンにお茶を出しました…国内および国際的な評価

写真の説明ジョー・バイデン米大統領は、23日、日本庭園のあるグルメレストラン、東京八芳園で岸田文雄首相と食事をしました。バイデン大統領(中央)は、岸田首相(右)と妻の岸田文雄(左)と夕食前にポーズをとります。 [사진 출처 = 연합뉴스]

日本は就任以来初めて米国大統領ジョー・バイデンを扱いました。 バイデン大統領はまた、誘拐された日本人男性の家族に会い、ひざまずいて話をしたとき、誠実さを示しました。

第24回読文新聞などの日本のメディアによると、前日の午後、江戸の時代に日本庭園のある豪華な宴会場である八芳園で、備伝大統領と岸田文雄首相との夕食会が開催されました。 。 徳川家康の最も親しい親友の住居であり、東京の裕福な地域にあります。 岸田首相は、バイデン大統領に直接庭を提示した。

日本の「おもてなし外交」の核心と言える夕食会では、全国の食材を使った日本料理が披露されました。 「ジュダン」として知られる岸田首相とは異なり、バイデン大統領のレモンソーダでの乾杯も地元メディアの注目を集め、彼は一般的にアルコールが好きではないと信じていた。

デザートは宮城県などり市からアイスが大好きなバイデン社長にアイスクリームを空輸しました。 バイデン大統領は2011年の東日本大震災後にこの場所を訪れ、地元住民を慰めました。

宴会には岸田首相の妻・優子優子も出席し、ターコイズの着物を着て、日本の伝統的な茶道で緑茶を出しました。 このイベントで使用された茶道用品は、優子さんの家である広島から直接空輸されたことが知られています。

日本の産経新聞もこれを「ファーストレディのゆうこさんにとって本格的な外交デビューだった」と称賛した。

夕食の前に、バイデン大統領は東京の元赤坂ステートゲストハウスで拉致被害者の家族を30分間訪問しました。 プライベートイベントでは、拉致被害者の家族グループの代表である横田拓也氏が代表として発言する予定だったが、バイデン大統領が家族全員と直接握手を交わしたことで知られる。

バイデン大統領は、老年期に椅子に座っていた拉致被害者の家族と話をするためにひざまずき、他の人は抱き締めて慰めた。 また、ズボンのポケットから先に亡くなった長男の写真を取り出し、慰めた。

[배윤경 매경닷컴 기자][ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。