日本の自民党の政治指導者としての靖国の「安倍の右腕」

岸田首相、「タフな」高市の後任に萩生田慶山大臣を任命へ
慰安婦の謝罪「ゴノ演説」で「役目は終わった」…「独島」主張強化

クリックすると原文が見られます。

▲日本の安倍晋三首相と萩生田光一官房長官(2017年)
首相官邸ホームページ

日本の岸田文雄首相(自民党総裁)が10日に内閣改造と与党改造を行う予定で、9日、NHK、読売新聞、朝日新聞など日本の主要メディアが就任を発表した。

正祖大統領は、与党政策の調整と監督の座であり、日本の立憲内閣制度において非常に重要な役割を果たしています。

岸田首相は昨年9月の大統領選で、安倍前首相に近い衆議院議員の高市早苗氏(62)を衆議院議長に任命した。 二人は大統領選に出馬し競い合うなど波乱万丈の関係だったが、最大派閥の安倍派を中心とした政治情勢から岸田首相は高市を正祖会会長に抜擢せざるを得なかった。

自民党政務調査会会長の高市早苗 Reuters

クリックすると原文が見られます。

▲自民党政治調査会委員長の高市早苗さん
ロイター聯合ニュース

実は、高市正祖は、防衛費の大幅増額など強硬論を唱える志田志田首相や自民党の茂木敏充幹事長と対立関係にある。 その後、自民党が7月の参議院選挙で勝利したため、岸田首相は高市を解任する政治的余裕を持っていた。

日本のマスコミは「高市の本部に萩生田を置き、安倍派に配慮し、党との交渉を円滑にする意図があるようだ」と報じた。

しかし、正祖の次期総裁に就任した萩生田慶山相も、安倍の右腕と呼ばれた強硬派だ。 政治評論家の有馬はるみはかつて、「萩生田氏は安倍首相が『白』と言えば、黒も白と言うほど忠実だ」と語った。

萩生田光一文部科学大臣(大臣・中央)が15日、太平洋戦争敗戦75周年を記念し、植民地戦争の象徴である靖国神社を参拝するため、境内に入る。  2020.8.15 聯合ニュース

クリックすると原文が見られます。

▲15日、太平洋戦争敗戦75周年を記念して、日本の植民地戦争の象徴である靖国神社を参拝する萩生田光一文部科学大臣(大臣・中央)が現地入り. 2020.8.15 聯合ニュース

自民党内でも右翼保守派に分類され、日本軍による慰安婦強制動員を認め謝罪した「ゴノトーク」について「役​​目は終わった。 また、太平洋戦争のA級戦犯が祀られている靖国神社にも参拝し、慶山賞の前には文部科学大臣、文部科学大臣などを歴任し、教科書の改訂を主導した。日本の独島主張。

キム・テギュン

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。