日本の福島汚染水排出計画が承認されました…韓国と中国からの世界的な反応

政府は「出国許可について懸念を表明」…中国は無責任な行動に断固として反対している

京堂ニュースと地地ニュースは、日本の原子力規制委員会が、22日に福島第一原子力発電所から汚染された水(日本政府の名前「処理水」)を海に投棄する計画を公式に承認したと報じた。

以前、日本政府は昨年4月に福島原子力発電所の汚染水をALPSで処理し、海水で希釈して放射性物質であるトリチウム(トリチウム)の濃度を基準以下に下げて放出することを決定しました。 同年12月、事業者である東京電力は、原子力規制委員会に計画の見直しを要請した。

原子力規制委員会は、今年5月に東京電力が提出した計画を承認し、世論を聞いた後、同日、「安全上の問題はない」との正式な承認決定を下した。

東京電力は、原子力規制委員会の承認を得て、関係自治体の承認を得て汚染水処理施設の建設を開始する予定です。

福島第一原子力発電所から約1kmの沖合に水底トンネルを利用して排水する計画です。

日本政府と東京電力は来春から放水を開始することを目指しているが、地元の漁業団体などは依然として強い反対を表明している。

汚染された水をALPSで浄化すれば、セシウムを含む62の放射性物質を除去できますが、トリチウムはろ過されません。

日本が福島の汚染された排水計画を承認...韓国と中国の反発(フル)

韓国政府は、懸念を日本側に伝えると述べた。

同日、政府は、政府政策調整室長の訪問久訪問が議長を務める「福島原子力発電所から海への汚染水の排出に対応するための関係省庁との会合」を開催した。 再確認しました。

政府は、二国間コミュニケーションや協議チャネルなどを通じて、日本における海洋排出の潜在的影響についての懸念を伝えてきた。

政府は、国際原子力機関(IAEA)との国際協力を継続する一方で、国の海上放射線モニタリングシステムと一般市民とのコミュニケーションを強化することを計画しています。

「現在、私たちの専門家と専門機関がIAEAの安全保障監視に関与している」と政府は述べた。

中国も「無責任な行動」と強く抗議した。

中国外務省のスポークスマン、ワン・ウェンビン氏は同日の定期的な説明会で、「汚染された水の排出は環太平洋諸国の海洋環境と公衆衛生に影響を与える可能性がある」と述べた。

王報道官は、「日本は、国際社会と日本人の正当な懸念と合理的な要求を無視し、利害関係者と十分に交渉することなく、リリース計画の承認を頑固に推し進めた。 そうしないことは非常に無責任であり、私たちは強く反対します。

「汚染された水は、利害関係者や国際機関との十分な交渉が行われるまで排出されるべきではありません」と彼は言いました。 彼女は取り残されるだろう」と彼は批判した。

/yunhapニュース

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。