日本の極右団体が「月300円」で少女の値段を侮辱…誰も止めなかった

日本第一党が東京のど真ん中でイベント開催…130人
「慰安婦は強制収容ではなく、報酬をもらった」という馬鹿げた主張

[이데일리 권혜미 기자] 日本の極右政党が、慰安婦像をモデルにした風船人形をあざけるイベントを主催して怒りを引き起こした。

21日から2日間東京で開催された「2022トリエンナーレ2022」の日本第一党は、被害女性の慰安を象徴する「平和少女像」に似た風船人形を設置し、侮辱的なパフォーマンスを続けた。

JTBC の報道のビデオで、日本の第 1 党の党首である桜井誠は、いくつかの人形の中に座って売春のように振る舞い、「今日、慰安婦はこのように並んでいます。 「韓国の慰安婦の一人、イ・ヨンスという老人が日本に謝罪を求めていることは、今、大きな問題です。」

(写真=JTBC放送スクリーンショット)

そして、笑いながら風船人形に空気を吹き込み、「朝日新聞が1991年8月13日、慰安婦問題に関する独占記事を書き始めた」と日本のメディアに言及した。

特に像の肩には「平和の象徴」を意味する鳥が日本の紙幣に包まれており、党員の堀切佐々美さんは「本物の少女像はここに座っているインコ (この鳥) はニセのお金でできていた. 当時は、逮捕される必要はなかった.

また、イベント会場の床には太極旗を悪魔のように微笑む少女の写真が飾られ、日本軍慰安婦募集の新聞広告も大理石に刻まれていました。

その内容は「慰安婦の大規模な時間単位の募集。 17歳から23歳まで。 職場は慰安婦○○台の裏。 月収は300円(約3000ウォン)以上。 勤務時間は午前8時から午後10時までです。 »

(写真=JTBC放送スクリーンショット)

それだけでなく、安重根とキム・グンにも言及し、「安重根の手が見える。彼は韓国のテロリストだ。キム・グラの写真がいくつかある」と躊躇なく語った。

イベントの参加費は1,000円(約1万ウォン)で、桜井誠は「イベントのチケットを購入してくださった130人を超える方々に心から感謝しています。 小学生から大学生、ご年配の方まで多くの方にご来場いただきました。

一方、日本第一党は、2019年8月に日本の愛知県で開催された「あいちトリエンナーレ」の主催者を脅迫し、展覧会「表現の自由とその後」を閉鎖しました。 展示会では、平和少女の像と、犠牲になった日本軍慰安婦の写真が展示される予定だった。

その後、「日本人の言論の自由」と題した反韓展も開催。

旧日本大使館前の平和少女像 (写真=聯合ニュース)

ⓒ 総合ビジネスニュースメディア E-Daily – 商用転載・再配布禁止

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。