日本の新聞の韓国人ボディーガードは2、3秒で…安倍の銃撃戦とは違う

朴槿恵(パク・クネ)前大統領への焼酎瓶投げ対応…引退後の安全に注意
「日本の警察庁が30年ぶりに警備体制を抜本的に改革する計画」…来年のG7と比較

「焼酎の瓶が投げられると、わずか2、3秒で数十人のボディーガードが現場に駆けつけました。

安倍晋三元首相暗殺時の警備員は非常に貧弱だったと批判者が指摘し続けているが、日本のメディアは、40歳の男性がペットボトルを投げたときの警備チームの反応に注目している.今年3月、大邱の朴槿恵(パク・クネ)前大統領で焼酎を飲んだ。

読売新聞は23日、当時の状況を伝える記事を掲載し、「ボディーガード運動は安倍晋三元首相暗殺とは対照的だ。

安倍前首相の銃撃事件については、近くの用心棒が銃撃犯の山上哲也を鎮圧するために駆けつけた。

2 番目または 3 番目の攻撃がどこから来るかはわかりません。

異常な状況では、郵便配達員を覆ったり、寝かせたりして命を守ります。

事件のビデオによると、山上は約3秒間隔で2発発射した。

安倍晋三元首相は、最初の銃声を聞いて後ろを振り向き、2発目の銃弾を受けて倒れ、最終的に死亡した.

読売新聞はまた、約400人のボディガードを擁する大統領警護局が大統領とその家族の警備を担当する韓国の制度を紹介し、大統領は15年まで在任中とほぼ同じレベルの警備を受ける。 彼の任期の後。

また、日本は銃器を厳しく規制している一方で、銃撃の可能性に関する日本の治安チームの判断は米国に比べて低かったと指摘されています。

警察関係者は日本経済新聞(日経)の取材に対し、「郵便警備で銃声があってはならないというわけではないが、襲撃者に襲われる危険性は十分認識している」と語った。正面からナイフで」

しかし、近年では一般人でも3Dプリンターなどを使って銃を作れるようになってきています。 .

日経によると、日本の警察庁は、1992 年に自民党の金丸信副会長が暗殺された後、30 年にわたって運用されてきた警備システムの大幅な見直しと見直しを計画している.

これは安倍前首相の暗殺によって明らかになった新たな課題であり、来年広島で開催されるG7サミットに向けた準備という側面もある。

/ユンハプニュース

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。