日本の携帯電話会社の大規模な通信障害…運輸、金融、ロジスティクスの「麻痺」

▲上の写真は記事の内容とは関係ありません。

日本の大手携帯電話会社3社の1つであるKDDIで大規模な通信障害が発生し、携帯電話やデータ通信などのサービスの提供が1日以上スムーズでなかった。

3日のKDDIによると、前日の午前1時35分以降、KDDIの通信サービスを利用することは困難です。

auおよびUQ携帯電話、低コストのpovoブランド、au回線を使用するオペレーター向けの音声通信、インターネット電話、テキストメッセージングサービス(SMS)、および長期進化(LTE、通信第4世代モバイル)ネットワークを使用する音声通信サービス(VoLTE)このようなKDDIの主要な通信サービスを利用することが困難な状況は、3日の朝まで日本列島全体で1万日以上続いています。

緊急通報は利用できなかったため、KDDIは公衆電話の利用を推奨しました。

朝日新聞の報告によると、KDDIのサービス契約は個人向けの3,100万件を含め、約6,200万件でした。

KDDIのサービスを直接利用する消費者だけでなく、KDDIの回線を利用した低価格の移動体通信ブランドである楽天モバイルを利用する消費者にも不便を感じています。

日本ユビン郵便会社は、貨物情報システムの問題により、郵便物や小包の配達が遅れるリスクがあると発表しました。

共同通信によると、気象庁は気温や降水量などの観測情報を管理している地域の気象観測システムからのデータを送ることができなかったため、午後6時から全国の1,300の観測点から約480の観測点がありました。 2番目がヒットしました。 受け取ったことが確認されました

首都圏で運行している一部のバス会社の位置情報を提供するシステムが機能しなくなり、成田空港と羽田空港で日本航空のスタッフが使用していた無線機器が機能しなくなり、混乱が生じました。

岐阜県に本拠を置く地方銀行である大垣共立銀行の場合、2日の朝から岐阜、愛知、三重、滋賀の4県に設置された現金自動預け払い機221台のうち190台が正常に機能していませんでした。 。

日本経済新聞は、KDDIが企業顧客向けのモノのインターネット(IoT)事業を加速させ、今年3月末までに約2,450万回線を配信したことから、この通信障害の影響が特に大きいと分析しました。

朝日新聞は、この事件を史上最大の通信障害と診断しました。

KDDI側は、2日の早朝に設置が停止したため、VoLTE交換機がトラフィックで溢れかえったため、サービスの問題の理由を説明しました。

大手携帯電話会社が日本で大規模な混乱に見舞われたのはこれが初めてではない。

昨年10月、最大の携帯電話会社であるNTTドコモは、29時間の通信途絶を経験した後、内務省から行政指令を受けました。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。