日本の市民団体「華城での無料で環境にやさしい食事にとても感銘を受けました」

日本の市民団体が京畿道華城市を訪れ、フードプランの環境にやさしく、環境にやさしい無料の食事システムについて報告しました。

アジア太平洋リソースセンター(PARC)は、長い歴史を持つ50年の歴史を持つ組織です。 PARCは、華城市のドキュメンタリービデオを制作することにより、この地域で上映会を開催する予定であると発表しました。

地元のコーディネーターとして、華城食品統合支援センターの元所長であるイ・ビンパと華城食品市民ネットワークが協力した。

PARCは、7月17日から19日まで、華城市の有機農場、華城食品統合支援センター、共有キッチン、ソンサン高校のサイトを3日間2泊訪問しました。

華城市民新聞は19日、華城食品委員会と華城市民フードネットワークとの会合を開き、華城の食品ガバナンスの現状と現実について話し合った。

に与えられたインタビューで 、PARCの共同CEOである浅石隆氏は次のように述べています。「華城市の環境にやさしいフリーランチシステムが確立されていることに非常に感銘を受けました。

朴グループとともに華城市を訪れた立教大学教授の藤敦司氏も、会議で華城市政権の協力について質問した。

 

ハンコマースの食品委員会委員長は、「30の事業計画のうち、約10が採択され、そのうちの50%が担当部門によって選ばれた。うまくいかないと思う」と述べた。

華城食品統合支援センターの元所長であるイ・ビンパ氏は、次のように述べています。 政府間のガバナンスが適切に実施されるためには、市民の能力が切実に必要とされています。

朴社長の浅石隆氏は、「韓国の無料給食と同様に、実際に日本で実施するには政治的な決断が必要だ」と語った。

約2時間の会議では、華城市での無料の食事やフードネットワーク活動、そして日本の現状についての質問が出入りしました。 特に、華城市がほとんどの学校給食に環境にやさしい農産物を提供していることに、日本の市民団体は非常に驚いていました。

センターの元所長であるイ・ビンパ氏は、次のように述べています。 フリーランチキャンペーン中、市民団体のスローガンは「子供たちの健康と希望です。学校給食は農民にとって良い市場だからです」と彼は説明しました。

補遺| この記事は華城市民の日刊紙にも掲載されました。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。