日本の少女像展レポート 大人の顔…困難な状況で姿を失ったように見える少女

右翼団体「反日団体は日本から出ていけ」 鼓膜のように大声で抗議
市民団体は名古屋と神戸で引き続き少女像を展示する計画

「全国の公民館の展示を巡回するだけでも十分だと思います。


6日午後、「平和の少女像」を初めて見た沢田美香子さん(56)に記者が「平和の少女像」を見た澤田美香子さんに次のように答えた。日本軍慰安婦の犠牲者、6日午後、日本の京都の展示ホール。

1926年から1989年まで天皇として君臨した裕仁(1901年~1989年)を批判的に紹介する「京都の言論の自由展」は、少女像とともに本日2日間開催された。 、太平洋戦争などを含む暴露されました。

表現の自由展は、検閲や圧力により日本国内で事実上展示機会を奪われてきた作品を一堂に集め、表現の自由を抑圧する社会情勢に抗議する企画展です。

少女像を生で見たのは初めてだったという沢田さんは、体験しながら鑑賞するのにかなりの時間を要した。

彼は像の隣の椅子に座り、手を握りしめ、かかとを上げ、無表情でまっすぐ前を見つめる、少女像のようなポーズをとろうとした。

「彫刻も立体物です」と澤田さん。

写真にはない感じがあります。

そのサイズの女の子が隣に座っているという臨場感は本当に重いです。

[日소녀상 전시 르포] "大人の顔…大変な状況に姿を消してしまった女の子"

言論の自由の欠如を防ごうとしている右翼勢力について、「ご覧のとおり、(日本の名誉を)損なうものではない」と述べ、日本の名誉を傷つけたと述べた。 許容できる。

なぜ触れないのか、いまだにわかりません。」

少女像を訪れた別の訪問者は、日本の植民地時代に国家の指示の下で行われた過酷な組織的性的暴力について語った.

石川愛さん(38)は「女の子の像はもっと子供っぽい顔になると思っていたのですが、実際に見てみると唇がギュッと閉じていて緊張していました」と語った。 を表示できませんでした。

展覧会に反対する人たちについては、「日本を軽視するような展覧会はありません」と彼は付け加えた。

[日소녀상 전시 르포] "大人の顔…大変な状況に姿を消してしまった女の子"

少女像を初めて見たという女性は、複雑な気持ちで少し泣いた。

イベントを準備した牧田直子実行委員会の牧田直子氏は、「ソウルと済州島で銅像を見た後、日本人は像を見るべきだと感じた」と語った。 私は本当に彼女に会いたいです」と彼は言いました。

少女像に対するいわゆる合作として、森大江がプロデュースした通称「鎭魂歌」も注目を集めた。

[日소녀상 전시 르포] "大人の顔…大変な状況に姿を消してしまった女の子"

この作品は、苦味を残して亡くなった者の魂が白蝶に転生するという説があると聞き、制作したものです。

像の後ろに設置されたネット状のアートワークに蝶を直接吊るすことができるように設計されています。

主催者は右翼勢力の干渉を防ぐため、事前に会場を告知せずに予約制で展示を宣伝し、来場者のセキュリティチェックも行った。

チケットは早期に完売し、2 日間で約 720 人の入場者が見込まれます。

近くでは展示に反対する右翼勢力が、拡声器を搭載した大型車両数台を動員し、爆発しそうな轟音を立ててデモを行った。

警察が展示ホールに通じる幹線道路を封鎖したため、直接の対立はありませんでした。

「言論の自由の意味を理解できない展示は即刻中止せよ」と要求し、反日団体は日本から立ち去るべきだ。

[日소녀상 전시 르포] "大人の顔…大変な状況に姿を消してしまった女の子"

「反日団体は恥を知るべきだ」「言論反対イベントをやると市民の迷惑になるって知らないの?」

カフェで騒音にさらされた女性は、「ここに住んでいる人にとってはうるさい」と、「ここに住んでいる人にとってはうるさい」と言いました。

[日소녀상 전시 르포] "大人の顔…大変な状況に姿を消してしまった女の子"

日本の市民は、乙女の像を展示し続けるために協力しています。

今月25日から28日まで名古屋市で展覧会「私たちの表現の自由とその後」、神戸で展覧会「神戸の型にはまらない表現展」が開催されます。来月11日。

/ユンハプニュース

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。