日本の地震: 富士山の爆発は差し迫っていますか?

◀ アンカー ▶

日本はもともと地震多発国ですが、最近富士山のすぐそばで地震が起き、富士山の噴火が懸念されています。

富士山が噴火すれば、東京をはじめとする大都市圏に甚大な被害が及ぶ可能性があり、不安が高まります。

コ・ヒョンスン東京特派員がお届けします。

◀ レポート ▶

3日には富士山麓でマグニチュード4.8の地震が発生。

建物の窓ガラスが割られ、棚の物が落ちたが、大きな被害はなかった。

[야마나시현 주민]
「バタンと音を立てると、上下に揺れ、その後ずっと静かに揺れるように見えました。」

気象庁は、富士山のマグマ活動に変化はないと発表した。

しかし、一部の火山専門家は、これを富士山の差し迫った噴火の証拠と見なしています。

活火山である富士山の地下20kmにはマグマがあります。 硬い岩とは異なり、高温では液体の状態です。 そのため、直上の地層で地震が発生すると、周波数の長い低周波地震として観測されます。

しかし、今回の地震は低周波地震の一種で、マグマの動きとは関係ありません。

[시마무라 히데키/무사시노가쿠인대학 특임교수]
「深さ、頻度ともに低周波地震ということで、低周波地震、特に大きな地震が起き始めていると思います」

実際、富士山では 2000 年と 2001 年に数回の低周波地震が観測され、2011 年の東日本大震災の 4 日後にはマグニチュード 6 の地震が富士山の近くで発生しました。

富士山は 100 年から 150 年ごとに噴火しており、最後の噴火は 1707 年で、300 年以上前です。

[시마무라 히데키/무사시노가쿠인대학 특임교수]
「(富士山は)いつ噴火してもおかしくない。300年前に噴火して噴火しなかったので、今回の噴火では比較的大きな噴火が起こるのではないかと思う」

日本政府の噴火シミュレーションによると、富士山の噴火による被害は甚大です。

まず、溶岩は周辺の 17 の自治体を襲い、火山灰は 3 時間で東京のダウンタウンに到達します。

まず、線路が止まって運転が困難になり、雨が降ると大規模な停電や断水が発生し、最悪の場合、水道が途絶えます。

近年、各地で大地震が相次いでおり、富士山の噴火の可能性が指摘され、再び日本国内で懸念が高まっています。

東京のMBCニュースのコ・ヒョンスンです。

動画カバー:イ・ジャンシク、キム・ジンホ(東京)/動画編集:イ・サンミン

MBC ニュースは 24 時間あなたのレポートを待っています。

▷ 電話 02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷ カカオトーク@mbcレポート

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。