日本の国民的スナックであるウマイボンが43年ぶりに値上げ

◀アンカー▶

日本の国産菓子と呼ばれるこのおやつは、40年以上10円だったが、最近12円に値上がりした。

私たちのお金で20ウォンしか集められないのは大したことではないかと思いましたが、日本はショックを受けました。

これは、今日の日本経済の象徴的な側面であり、不利であるためです。

価格は上昇していますが、経済は生き残っていません。

日本経済が縮小するという悲観的な予測さえあります。

なぜこのように終わったのですか?

ここで何を見るべきですか?

まず、ヒョンジュン特派員の東京からの報告を見てみましょう。

◀レポート▶

日本の名古屋にあるスーパーマーケット。

日本人に人気の輸入果物であるアボカドの価格が大幅に上昇しました。

[나가타 요시오(마트 청과판매 담당)]
「以前は100円または120円で販売されていましたが、現在は150円に変更されています。」

人気の食品であるウエスタンブリの価格も30%上昇しました。

確かに、防衛食品である輸入食品は、より高価になっています。

国際石油価格の高騰で輸送費が高騰し、為替レートが1ドル130円を超えたため、すべての輸入品の価格が高騰した。

日本の代表的な製菓でさえ、値上げを避けられなかった。

1979年の発売以来、43年間10円で売られていた人気のおやつが20%値上がりして12円になりました。

[야마모토 데츠오/우마이봉 소비자]
「2円まで上がるのはとても難しいです。特にウマイボンの味が好きです。」

米国のトウモロコシや植物油などの商品コストの上昇の圧力に耐えることができませんでした。

日本のコカ・コーラも、プラスチックの価格上昇によりペットボトルの価格が高くなったため、1.5リットルと2リットルのコカ・コーラ飲料の価格を5〜8%引き上げました。

[무라다 유미/도쿄 시민]
「(ウクライナでの)戦争が始まり、小麦粉、ディーゼル、電気の価格が上がっている…私はすべてが上がっていると思う。」

国際的なエネルギーや穀物の価格が上昇し、円高が進む中、日本では当面、あらゆる方向へのインフレが続く可能性があります。

分析によると、日本の一世帯あたりの平均生活費は、インフレにより年間6万円、韓国ウォンで約58万ウォン多くなる。

東京のMBCニュースのヨンジュンヒョンに会いましょう。

ビデオカバー:イ・チャンシク(東京)/ビデオ編集:ミンギョンテ

MBCニュースは24時間あなたの報告を待っています。

▷Tel02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷カカオトーク@mbcレポート

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。