日本の国民所得は10年で5分の1に減少しました…それはあらゆる点で後進国になりました。

バブル経済が崩壊した1990年、日本の一人当たり国内総生産(GDP)は25,896ドルで、世界で8番目でした。 韓国は$6,610で42位になりました。 日本とのGDPの差は4倍大きかった。 2000年の日本の一人当たりGDPは39,173ドルで、世界第2位でした。

21年後、昨年の日本の一人当たりGDPは39,340ドルで、世界で28位、韓国は世界で30位の34,801ドルでした。 韓国は、国民所得が20年でほぼ3倍になったこともあり、日本のあごに追いつくことができましたが、日本の深刻な停滞の影響をより受けています。


先進国では見にくい速報

2012年に49,175ドルに達した日本の国民所得は、9年ぶりに19%減少しました。 日本は、国民所得がこれほど急激に減少した唯一の先進国です。 日本でも「瞬く間に後進国になった」(日本経済新聞、2021年4月9日)、「衰退と発展の停滞国」(2021年産経新聞、寺崎晃による寄稿) 、情報通信推進協会会長)そういうわけで彼は出てきます。

未発達のデジタル競争力は、日本の将来も明るくないことを警告しています。 将来の競争力の分野では、デジタル技術で27位(韓国で8位)、電子政府ランキングで14位(韓国で2位)、全国競争力ランキングで31位(韓国で23位)と、日本はほとんど考慮されていない投票を受け入れます。先進国。 。

日本経済新聞は、「特殊な半導体は、米国、韓国、台湾に遅れをとっており、第5世代(5G)の通信規格に匹敵することすらできなかった」と述べた。

グローバル競争力のすべての分野での撤退

日本の世界競争力の低下は、経済以外のすべての分野で発生する現象です。 日本は世界第5位の二酸化炭素排出国ですが、当時のトレンドである無石炭社会の実現を宣言したのは120回目でした。

日本の近代化と経済成長のキープレーヤーと考えられている「教育競争力」も揺らいでいます。 文部科学省科学技術学術政策研究所によると、日本の人口100万人あたりの博士課程卒業生の数は2008年の131人から2018年には120人に増えました。英国では約400人、ドイツ、韓国、米国では300人です。 大国の中で、博士号取得者の割合が減少しているのは日本だけです。 1990年代初頭まで世界で3位だった優秀な科学論文のランキングも、2018年には10位に落ちました。

先進国から日本を遠ざけるための日本の闘争を阻むもう一つの遅れは、男女格差です。 世界経済フォーラム(ダボスフォーラム)の男女共同参画指数2021で、日本はアラブ諸国以外で最も低い120位(韓国102位)にランクされました。 日本の女性議員(衆議院に基づく)は9.67%を占め、世界で165位にランクされています。 女性医師(21.9%)、裁判官(22.6%)、取締役(16.4%)の割合も、先進国との大きなギャップを示しています。

民間企業の管理職および指導的地位にある女性の割合も14.8%(2019年)であり、先進国に遅れをとっています。 日本最大の企業グループである経団連は、2030年までに女性幹部の割合を30%に引き上げることを目標としていますが、経団連の副社長20人のうち女性は1人だけです。 日本の女性労働者の賃金は、54.4%が非正規労働者であり、男性の77.5%であり、OECD平均の88.4%を大きく下回っています。

東京=特派員ヨンヒョジョンhugh@hankyung.com

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。