日本の反省「現代自動車、いつこんなに大きくなったのか」…電気自動車の発進が遅れた

▶拡大表示するには、ここをクリックしてください

電気自動車市場への参入が遅れているトヨタや日産などの日本の自動車メーカーは、本格的な反撃を開始した。

一方、ハイブリッド車のトップポジションに満足しながらEVの開発が遅いと評価されている日本企業は、EVを次々と展開し、ゲームチェンジャーを予感させています。 電気自動車市場で日本企業の欠員を狙っていた現代自動車や起亜自動車との競争が激化することが予想される。

外国のメディアや業界筋によると、28日、日本の3大自動車ブランドであるトヨタ、日産、ホンダが最初の電気自動車を発売したか、まもなく発売する予定です。 トヨタは今月、初の量産電気自動車bZ4Xを日米市場で発売する。 中型SUV(bZ4X)は、米国で最も売れているモデルとされるRAV4と同様のデザイン。 価格は米国市場で42,000ドルから始まります。 米国環境保護庁の基準に基づくと、1回の充電での航続距離は前輪駆動XLEモデルで252マイル(約403.2 km)、全輪駆動モデルで228マイル(約367 km)です。環境保護( EPA)。

トヨタは昨年、米国市場でゼネラルモーターズ(GM)を抜いて、今年の第1四半期に売上高でトップの座を獲得しました。 早ければ来年初めに韓国に到着する予定です。

ホンダも電気自動車市場に追いつくのに苦労している。 ホンダは、独自の技術を開発するのではなく、他の自動車メーカーと協力するために「ショートカット」を選択しました。 ホンダは最近、GMと提携して電気自動車のプラットフォームを開発すると発表した。 目標は、2030年までに電気自動車専用の3種類のプラットフォームを開発することです。ホンダは、何十年にもわたって競争相手であるGMと協力するのに十分な電気自動車を早急に開発する必要があります。

ホンダと中国の東風汽車の合弁会社である東風本田は、26日(現地時間)に初の電動SUVe:NS1を発売した。 中国の広汽グループとホンダの合弁会社である広汽本田汽車も来月、同水準の「e:NP1」の予約を開始する。 ホンダはまた、2024年の操業を目指して、中国の2つの合弁会社で電気自動車専用工場を建設する。

日産は今年下半期に新型電気自動車「有谷」を発売する。 SUVのAriyaには、仕様に応じて65キロワット時(kwh)または90kWhのバッテリーが付属しています。 1回の充電での航続距離は、最小265マイル(426.5 km)から最大300マイル(482.8 km)の範囲です。

これまで、日本の自動車メーカーは「ハイブリッド車」と「水素燃料電池車」に焦点を当ててきました。 このため、現代自動車や起亜自動車など、自動車業界の電化傾向を読み、迅速に対応している他の自動車メーカーに比べて、スタートが遅れている。 現代自動車は昨年、市場をターゲットにIoniq5とKiaEV6を発表した。

専門家によると、現代自動車グループの電気自動車は依然として日本のブランドを上回っています。 大林大学校自治科学技術学部のキム・ピルス教授は、次のように述べています。 最近、日経はトヨタと日産の電気自動車をヒュンダイのIoniq 5と比較し、Ioniq5の航続距離が長く低価格であると評価しました。

しかし、「日本車の可能性は無視できない」との指摘もある。 特に、トヨタは1997年に最初の量産ハイブリッドカーであるプリウスを発売して以来、自動車とバッテリーの技術を共同で開発してきました。「世界最大の電気自動車モーター会社は日本で製造され、バッテリー技術を備えています」とリー氏は述べています。韓国自動車研究所の研究者、ハング。 「日本のブランドはソフトウェアカーとコネクテッドカーで先行しています」。

[이새하 기자][ⓒ 매일경제 & mk.co.kr, 무단전재 및 재배포 금지]

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。